「かつらお動物見守り隊」のブログを始めました

 こんにちわ!
かつらお動物見守り隊」です。
PC158478.jpg

 私たちは、個人で活動する動物ボランティアです。
 福島原発事故により全村避難となった葛尾(かつらお)村を中心に犬や猫たちへの給餌を続けています。
(2016年6月12日に避難指示解除)

 私たちが葛尾村の犬猫たちに給餌を始めたのは震災直後でしたが、給餌をするだけでは不幸な命を増やしてしまうということで、福島県内に拠点を持つ某動物愛護団体のボランティアだったTOKUさんがリーダーとなって、某動物愛護団体の協力のもと、2012年8月から2013年4月にかけて、大規模なTNR(Trap=捕獲し、Newter=不妊手術を施し、Return=もとの場所に戻す)を4度ほど実施しました。

 TNRは葛尾村のほか、飯舘村や川俣町、川内村などで給餌をするボランティアや住民さんとも協力して行い、その後、それぞれの地域で私たち同様に、動物ボランティアさんたちが給餌に通っています。

 「かつらお動物見守り隊」のほとんどのメンバーが首都圏在住で仕事をしながらの活動のため、1~2週間に1度の割合でしか通えません。急な事態への対応も難しいですが、微力ながらできる範囲で息の長い活動をしていきたいと思っています。

 葛尾村は2016年6月に避難指示が解除されました。
 とはいっても、村へ戻って生活している人は、全人口の7%余り。
 そのほとんどが高齢者で18歳以下は0人です。
 村がこの先どうなるのかもわかりませんが、村の今後を見守り、発信しながら、
 葛尾村の動物たち、そして葛尾村のみなさんを応援していきます。

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
| Home | 2017年6月10日(日) 浪江町活動報告 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する