2015年12月1日(火)、田村市都路地区・浪江町 活動報告 その3【いわき市】

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 ちょっと間が空いてしまいましたが、12月1日(火)の活動報告その3、です。

 浪江町での活動を終えたのは午後4時前。
 この時期、日没が早くてすぐ暗くなってしまいますが、時間はまだあるので、
いわき市にある動物シェルターLYSTA」さんのお手伝いに行くことにしました。

 「LYSTA」は、いわき市北部の海岸近くにあり、大震災のあった2011年、代表の鈴木理絵さんが自宅の敷地を利用して
被災動物を受け入れるシェルターを造って現在に至ります。
 震災から4年9ケ月が過ぎ、ほとんどの動物愛護団体、個人ボランティアが被災動物レスキューから手を引いてしまった中、最前線でがんばってくれています。

 現在は被災地のペットだけではなく、繁殖業者や多頭飼いの崩壊によって行く場を失った犬猫も受け入れてくれているし、
つい先日は、TNRした猫たちが多数暮らしているいわき市内の公園で猫が虐待死されていたため、
そこの猫たちの全頭レスキューに奔走しました。

 そんなわけで、「LYSTA」には、現在犬猫合わせて100頭以上がいます。
 特に、虐殺現場から来たばかりの猫たちがゲージで生活しているので、そのお世話が大変だとのことで、
 夕方の少しの時間でしたが、お手伝いしてきたというわけです。
 いわき市周辺の方、ぜひ、短時間でもいいのでお手伝いに行ってください。
 犬猫好きな人なら楽しいですよ。


 2015.12.1 都路・浪江 27(LYSTA)
▲「のび太」です。いい味出しているのに、シェルター暮らしが長い子です。

2015.12.1 都路・浪江 28(LYSTA)
▲キジトラ猫は好奇心が強い? カメラバックにしている私のバックがなぜか猫に大人気。
なんでかなあと思ったら、少し前にここにマタタビを入れていたんでした

2015.12.1 都路・浪江 26(LYSTA)
▲三毛ちゃん。

2015.12.1 都路・浪江 25(LYSTA)
▲この子たちもシェルターの長老組。里親さん、いませんか?

2015.12.1 都路・浪江 29(草の根)
▲作業を終えて、いわき市四ツ倉にある食事処「くさの根」で夕食。海鮮丼(並)が、これで550円って安いですよね! 産直所もあって、そこも安いのです。不揃いのりんごが1箱500円でしたよ!

 ということで、無事に12月1日の活動終了です!

 次回は12月12日(土)を予定しています。

(追記)
 どうぶつ救援本部から「LYSTA」さんに支援が!  
きちんと活動しているところに支援金が渡ってうれしい限りです。
 LYSTAさん、商品と交換できるポイント何万円か分ももらったそうで、一人占めしないで、

「今でも福島の動物のために個人で活動している人たちにも分配したい」と、

 「かつらお動物見守り隊」宛てにもたくさんのフードを送ってくれました。
 「きっと、どうぶつ救援本部に寄付してくれた人はそう望んでいるはずだから」と。
 
 たしかに、どこに支援していいかわからない人たちは、直接、団体などに寄付しないで、こういうところに寄付したと思います。

 自分のところにも100匹を越える犬猫がいるというのに、心使いに感謝します。



 【フードはいつでも募集中♪】必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。

●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 
【支援金も地味にお願いしています】
※交通費はメンバーの自前ですが、足りないフード、医療費などに充てたいです。 
ワンコインで支援できます。ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、送金無料です

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊 


 
スポンサーサイト
2015.12.12 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 | Home | 2015年12月1日(火)、田村市都路地区・浪江町 活動報告 その3【浪江町】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する