「LYSTA(リスタ)」さんでボランティア (2015.1.3~4) 

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。
 
 1月3日~4日、TOKU&たぬき隊員が福島県いわき市にある動物保護団体「LYSTA」(リスタ)さんで
シェルターボランティアをしてきました。

 「LYSTA」は東日本大震災以前から、保健所で処分される犬猫レスキューをしていた、鈴木理絵さんが
2011年に個人で立ち上げた団体です。
 自宅の敷地をシェルターにして、福島原発の被災犬猫のほか、ブリーダー崩壊により行き場のなくなった犬猫の保護や
地域猫のTNR(不妊手術してその場に放して面倒を見ながら一世代限りの命を全うさせる)など、幅広い活動をしていて、
シェルターでは常時100匹前後の犬猫を保護しています。

LYSTA 2
▲12月に大手術を終えた、「しろうくん」。2年半前に別な団体から移動してきました

LYSTA 3
▲猫もたくさん。里親募集中です。TOKU隊員、たぬき隊員、爪切りをがんばりました

LYSTA 1
▲昨年末はいわき市内の公園で虐待された猫たちのレスキューもあり、保護猫が一気に30数匹も増えました
せっかくTNRして餌やりさんたちもいたのに、虐待犯のせいで数匹の猫が犠牲になっただけでなく、
残った猫たちも平和な場所が奪われ、シェルターもいっぱいいっぱいに。
どうして虐待するような人間が育つのかなあ。

 「LYSTA」では、シェルターボランティアを常時募集中

(夏季)7:30~10:30もしくは15:00~18:30
(冬季)8:00~11:00もしくは14:30~18:00
*時間短縮可

【1日の流れ】  7:30~9:00 室内パドックから1頭ずつお散歩にだしながら外に繋留
 9:00~ 保護犬の朝ごはん
 9:15~ 保護猫の朝ごはん、猫舎清掃

 14:30~ 犬舎の清掃、洗い物など
 15:30~ お散歩
 17:00~ 猫舎清掃、保護猫の夜ごはん
 18:00~ 保護犬を室内パドックに移動、夜ごはん

 詳しくはこちらをごらんください。

 
スポンサーサイト
2016年初の、活動報告 2016.1.5 浪江町・田村市都路 | Home | 2015年12月30日(水) 葛尾村・田村市都路地区 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する