「かつらお動物見守り隊」、2016.1.11 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 その1

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 東日本大震災の月命日である、1月11日、葛尾村と田村市都路地区へ給餌へ行ってきました。
 メンバーは、ぽこ隊員(実家が流山市)と流山市民のノアママ隊員。千葉県流山市から出発です。
 
 暖冬とはいえ、さすがに寒くなってきて、この日は風が冷たくてこの時期らしい寒さでした。

2016.1.11 葛尾村・田村市都路 ぽこ&ノアママ 2
▲活動は田村市都路地区からスタート。
 飼い主が高齢のため施設に入り、残されている3匹のワンコの散歩です。
 母犬のハッピー、息子のジョン、娘のアカ、みんな人間大好きで性格もいい子たちです。

2015.12.22 葛尾村・都路 ぽこ&ノアママ 1
▲息子犬のジョン(3歳くらい)。元気でひょうきん者。

PB172665.jpg
▲娘犬のアカ(3歳くらい)。ジョンよりはやや控えめながら、やっぱり人間大好きで、すぐに腹出しします。
うれションもしちゃいます。

 もう1匹、兄弟がいたそうですが交通事故で亡くなったとか。

2015.12.1 都路・浪江 4
▲人間が来てくれてうれしくて仕方がない表情の「ジョン」。犬って、表情が豊かですよね。

美穂ちゃん 浪江 2015.10.17 (1)
▲3匹で競い合って私たちの顔をなめにきます。

PB172663.jpg
▲母犬のハッピー。まだまだ元気です。

 飼い主さんと親戚の方が、三春町に大きな看板を出している団体に相談に行き、里親を見つけてもらうよう、
「登録」していると話していましたので、「かつらお動物見守り隊」では浪江町、葛尾村の給餌の生き帰りに寄って、
環境改善(犬小屋を作成など)やフード支援、散歩のボランティア
などをしています。
 また、このブログで拡散することで里親希望の方に繋がる可能性もゼロではないので、こうして毎回UPしています。
 
2016.1.11 葛尾村・田村市都路 ぽこ&ノアママ 1


 少し離れた都路地区中心部に住む親せきの方がごはんと水は毎日替えていますが、やはり高齢なので、
元気すぎる3匹の散歩まではできません。3匹とも不妊手術は済んでいます。

 また、親戚の方は都路地区の猫たちのお世話もされていて、自費でTNRもされているなど
動物に対する意識の高い方々です。
 他の親戚や飼い主が、犬たちを山に捨ててくる、保健所に引き取ってもらう、毒餌を食わせる、などと言う中で、
踏ん張って毎日お世話をしている状況です。

 できれば3匹一緒に引き取ってくれる里親さんがいればいいのですが、なかなか難しいようです。
 
【その2に続く】
 
スポンサーサイト
「かつらお動物見守り隊」、2016.1.11 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 その2 | Home | 「かつらお動物見守り隊」、被災地ツアー参加者の感想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する