2016.1.22 「かつらお動物見守り隊」 葛尾村・田村市都路地区 活動報告【その2】

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 2016年1月22日の活動報告、【その2】です。
 まずは、一番遠い、風越のポイント、Mさん宅へ向かいます。

 2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 13
▲長靴+かんじき。着脱回数が多いので結び方は適当です。

 2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 9
▲予想通り、アプローチの道はこんな感じ。四駆でも無理なので歩いていきます
猫の足跡が奥のシャッターまで続いていました。行っていたら、鯖シロ猫がちゃんと待ってました。

10日前にいっぱいにしてきた給餌器のごはんは残り少なくなってたので、間に合ってよかった。
野生動物の足跡はなかったし、荒らされてもいないので、他にも猫が来ている? 暗視カメラが欲しいなあ。
現在は浪江のほうを優先して1台しかないカメラを掛けているので、こちらでは使えません。

 2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 23
冬の必需品、かんじきとリュック。かんじきはアルミ製で軽いんですよ。ザックもかんじきも、バックカントリースキーで使っているものです。ウエアもアウトドア用で、特にアウターパンツはゴアテックス製で裾から雪が入らないモンベル製のオーバーパンツです。もともと、私が福島に移住してきたのも、バックカントリースキーのフィールドがたくさんあるからなんです。
その道具がこんなところで役に立つとは。


 Mさん、最近はあまり帰宅されていないのか、お会いできませんが、向かいの家の方が帰宅していて雪かき中でした。
少しお話すると、

 「避難指示が解除されても村には戻らない。息子たちが、もうここには住まないっていうし、
もう三春に中古の家を買ったよ。
 この家は解体して更地にする。楢葉だって、解除されても5%くらいしか戻ってないっていうし、
もどってくるのも高齢者ばっかりだよ。高齢者だって元気なうちはいいけど、結局は村に住めなくなちゃう。
 そうなると、村の存続も難しいよ。村がなんの対策もしてこなかったからだ」

とのこと。
 葛尾村は復興住宅も村内ではなく、現在、多くの村民が暮らしている三春町に建てるそうで、

「復興住宅を村に建てないからみんな戻ってこないんだよ」
とも。
 ですが、村にはすでに村営住宅があり、そこが使えるので、わざわざ村内に建てなくても間に合っている、
という話も聞きました。いずれにしても、解除後の村はどうなるのでしょうか。

P1220724.jpg
▲ショコとハクの兄妹。飼い主さんが来てたので確認すると、2匹は同時に産まれたのではなく、
ハクのほうが1年先で、現在6歳。ショコが5歳とのこと。
ショコのほうが威張っているからお姉さんかと思ってました。
また、震災後しばらくは、いわきにあった動物保護団体(どこだろ? 一時的に来ていたところもありました)に保護され、
里親を探すと言われて、自宅に戻したそうです。自分は毎日村に戻っているし、面倒も見られるから、とのことです。

 たしかに、動物保護団体によっては犬を狭いケージに入れっぱなしで(それも3段重ねだったり)、
散歩のときしか出してもらえないところもあるそうです。

 知らない環境で、知らない犬たちと一緒で、飼い主にも会えないところに行くくらいなら、
 ご飯の心配はないのだし、自分の育った環境で、仲間や親子兄弟とこうして自由に過ごすほうが幸せです。
 飼い主さんも毎日戻ってきているとなれば、なおさらでしょう。

 ここのMさんは、避難指示解除されたら戻ってくるそうです。よかった。

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 11
▲村の主要道は除雪されていますが、日陰の部分はこんな圧雪状態でした。

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 14
▲風もなく快晴! 雪景色と青空がキレイでした。歩いているので汗ばみますが、気温はけっこう低いです。

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 15
▲放射性廃棄物の黒い袋も雪で覆われて穏やかな風景になります

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 16
▲猫パラ(ダイス)2へのアプローチ。200mくらいなのですが…、かんじきなしのつぼ足で歩くと長いです。

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 20
▲岩角の交差点にある、モニタリングポスト。わかりにくいですが、放射線量は0.108。いつもの半分以下です。
雪が放射線をある程度防いでくれるのです。

 (メモ)
猫パラ(ダイス)1では、納屋の2階に黒猫2、アメショ柄、キジトラの4匹が藁の間にいました。
ここにも段ボールハウス設置。近くの牛舎にも置いてあります。

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 22
▲12月に保護した子猫、「くららちゃん」がいた納屋。
今日も誰もいませんでした。母猫や兄弟はどこへ?

 けっこう、クタクタになったものの、このあと都路のワンコのもとへ。
 雪道で一人だったので、散歩も1匹ずつ。
 冬至から1ケ月が経ち、日の入りが遅くなってきたのでなんとか真っ暗にならないうちに終わりました。

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 24
▲都路のモニタリングポストも、いつもより低い数値。0・15あったのが0.09

2016.1.22 葛尾村&都路 ぽこ 25
▲仲良し親子3匹なので、1匹だけ連れ出すと、あとの2匹が悲壮な声で鳴くので困ります。


 以上です。
 なんとか雪の中、給餌を終えました。お疲れさま、ワタシ。

 
  【「かつらお動物見守り隊」今月の活動日】  
●1月5日(火)  浪江町 1チーム
●1月11日(月)  葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●1月17日(日)  浪江町 1チーム(みやさん)
●1月22日(金) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●1月24日(日)  浪江町・田村市都路地区 1チーム
●1月31日(日)  里親会主催 南流山「しろいぬカフェ」

 




スポンサーサイト
2016.1.24 「かつらお動物見守り隊」 活動報告 浪江町・田村市都路地区 | Home | 2016.1.22 「かつらお動物見守り隊」 葛尾村・田村市都路地区 活動報告【その1】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する