葛尾村の白猫仔猫「くらら」が正式譲渡になりました!

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。
 
 本日、2月22日は「にゃんにゃんにゃん」で猫の日です。
(1月11日は、犬の日?)

 猫の日に、うれしい報告があります。
 
 昨年12月12日に葛尾村で保護した「くらら」の正式譲渡が決まりました!


▲12月中旬、生後1ケ月ちょっとの「くらら」

12347666_759389004165385_8898666928870130602_n.jpg
▲保護時の「くらら」。TOKU隊員とぽこ隊員が給餌に行った際、
牛小屋だった納屋の中に一匹だけ、ぽつんと残されていました
母猫に飼育放棄された? 寒い時期なのでこのまま放置したら死んでしまう、と保護。
自警団の詰所でお湯をもらい、温めながら連れ帰りました。

TOKU隊員が「また猫神さまに託されてしまった」と言ってましたが、ホントにTOKU隊員はよく仔猫と出会うんです。
TOKU隊員の自宅には、里親募集中の子がまだまだいます。
後日、改めて紹介しますね。
早く見たいという方は、TOKU隊員のブログ「にゃんにゃん猫にゃん」を見てくださいね。

PC234205.jpg
▲12月20日頃。やんちゃで、よく遊びました。

PC264433.jpg
▲12月25日頃。ぽこ隊員の実家で、犬をおもちゃと思ってたようです。
「おばちゃん、この黒いもじゃもじゃのおもちゃ、動いておもしろいニャ!」

 12月26日に、千葉市内の里親候補・Tさん宅にお届けし、トライアル生活を送っていました。
 先住猫との相性を見ながらということで、一度はあきらめかけたTさんでしたが、
 TOKUさんらのアドバイスもあり、正式に里親になる決心をしてくださいました。

くらら&ジンジャー@竹村さん宅 6
くらら&ジンジャー@竹村さん宅 1
くらら&ジンジャー@竹村さん宅 4
▲Tさん宅にて。先住猫の「ジンジャー」と突然一緒に居るようになったそうです。

「ジンジャー」も、福島の被災猫です。
2013年6月、TOKUさんが双葉町からレスキューし、
しばらく世話をしたあと、千葉・浦安の里親募集型猫カフェキャットラウンジ猫の館MEさんで猫スタッフとなり、
そこでTさんに見初められてめでたく家族として迎えてもらいました。

くらら&ジンジャー@竹村さん宅 2
▲生後3ケ月の「くらら」。オッドアイもくっきりしてきました

くらら&ジンジャー@竹村さん宅 3
▲肩乗り猫も相変わらずです

 生後3ケ月になった、「くらら」、ますます おてんば&いたずら だそうです。
 おとなしい「ジンジャー」とは好対照ですが、それなりに距離を保ちながらやっているとか。

 Tさん&トッキー、ありがとうございました。
 「くらら」をよろしくお願いします。




 
 
スポンサーサイト
2016年2月14日(日) 浪江町給餌活動 BY みやさん | Home | 2016.2.3~5  葛尾村・田村市都路地区 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する