2016年2月14日(日) 浪江町給餌活動 BY みやさん

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 バレンタインデーの2月14日(日)、みやさんが浪江町へ給餌&レスキューに行ってくれました。

 残念ながら保護はかないませんでしたが、1月中旬に発見した、Eさん宅の「チビちゃん」の亡骸が
無事に飼い主のEさんが連れ帰ってくれたそうです。

 生きて再会することはできませんでしたが、家屋が解体される直前に(現在は更地になってしまいました)
発見できてよかったです。

2015.12.1 都路・浪江 7
▲北幾世橋Eさん宅。2015年12月にはまだ家屋がありました。

2016.2.5 浪江町・都路 ぽこ 25
▲2016年2月。すっかり更地になってました。

2016.1.17  みやさん@浪江町 2
▲みやさんが、野生動物などに荒らされないよう、プラスティックケースをわざわざ南相馬まで行って買ってきて、
遺骸を収め、納屋に置いていました。


 出遅れていたら、Eさんより連絡があり、今朝富山からご主人が亡骸を確認しにきてくれたそうで、
Eさんちの「ちびちゃん」に間違いないということで、おうちに連れて帰ってくれました。  残念な再会ですが、会えて良かった、、。


2016.1.17 みやさん@浪江町 1
▲Eさんが自宅に残していた、写真入りの貼り紙。死骸の特徴が「チビ」と一致していました。

それで、向かいの納屋はお隣さんの所有だそうですが、給餌しても大丈夫だということで、早速給餌してきました。
奥に扉のある部屋があり、そこに誘導できればいいなぁと思います。
荒らされるのは困るので、洗面器に入るだけ置いてきました。カモフラージュで、手前の納屋にも置きました。

Eさんちの敷地内にも小袋一つビニールシートの下に忍ばせてきました。

お隣の納屋に捕獲器置いてみましたが、時間も短くてダメでした。
Eさんちの敷地の新しい土の上ににゃんの足跡ありました。

Hさん宅も保護試みましたが、蓋がしまってしまってダメでした。
外から食べたい食べたいをやった形跡がありました。それと、新しい土の上に足跡いっぱいでした。

もっと安定してフードが置けると良いですね。

他、どこも空っぽでしたー。



 みやさんは、埼玉在住のダンス講師。
 震災直後から福島の被災地に通い、多くの猫をレスキューしてきました。
 ぽこ隊員、TOKU隊員らとともに、警戒区域にゲリラ侵入もしました。

 現在も、福島の被災猫をはじめ、地域の猫や保健所犬など、60~70匹の犬猫を自宅で面倒見ています。

 シェルターでもないし、動物愛護団体でもありません。個人宅です。

 5年もの間、仕事をしながら被災地に通い、多くの犬猫の世話を続けています。
 病気の猫も多く、治療費も大変です。
 
 現在はボランティア仲間が、ときどきみやさん宅でお世話を手伝ったり、カンパしたりしていますが、
 こういう人に、公的な支援が届かないのはなぜなんでしょうか?
 

 「みやさん」へのご支援、ご協力もぜひ、よろしくお願いします。
みやさんのブログ→ 「ふに三昧」



 【かつらお動物見守り隊 2月の活動日程】●2月3日(水)~5日(金) 葛尾村・都路地区 (たけさん)
●2月4日(木) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●2月14日(日) 浪江町(みやさん)
●2月15日(月) 葛尾村・田村市都路地区 (たけさん)
●2月25日(木) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●2月28日(日) 浪江町・田村市都路地区 1チーム

 【フードはいつでも募集中♪】

必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
ワンコインで支援できます。ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、送金無料です
※交通費はメンバーの自前です(交通費負担軽減のためと安全のために活動は複数名が基本)。
支援金やイベントでの収益金はすべて活動費(フード代、医療費など)に充てられます。

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と
分け合って使います。ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいます



スポンサーサイト
2015.2.25 葛尾村&田村市都路地区 活動報告 【その1】 | Home | 葛尾村の白猫仔猫「くらら」が正式譲渡になりました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する