2016年3月20日(日)、浪江町・田村市都路・葛尾村 活動報告

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 3月も末日、今年度も終わりです。
 今月はイベントが続いたのでいろいろ報告が遅れていますが、福島での給餌活動も、しっかりやっています。
 連休の中日、20日はもりけんドライバーにTOKUさん、くにさん、そして初参加のちゃたろうさんの4名で活動しました。

 まずは、常磐道で一気に浪江ICへ。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 1
▲昨年3月、常磐道が浪江ICの北へも延びて便利になりました。
浪江ICからR114経由で国道6号線までは、許可証がなくても、誰でも通行できます。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 2
▲常磐道で一番放射線量が高いのは、双葉町のあたり。
これでもずいぶん下がったんです。

 浪江町では、まず、Aさんのシェルターへ犬の散歩のボランティア。
 なんと、葛尾村の犬、「ハク」と「ショコ」の兄妹が、Aさんのシェルターにいる との情報があったので、
その確認も兼ねています。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 10
▲Aさんのシェルターで保護されている、「ハク」と「ショコ」。(この画像は2016年3月30日)

  放し飼いだった「ハク」と「ショコ」、ときどき他の放浪犬と一緒に遊びに出かけていましたが、
 浪江町津島の飯舘村に近いあたりで、ボロボロになって放浪していたところを、Aさんに保護されたようです。
 
犬同士のケンカだったのか、葛尾村の家に戻れなくなったのか。
 そういえば、3月5日(土)に、葛尾村へ給餌に行ったときも、2匹は不在でした。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 9
▲浪江町にて。浪江町民のAさんが自宅を犬猫保護シェルターにして、レスキュー活動をしてくれています。
Aさんは避難先の郡山市から毎日、通っています。
Aさんのような住民の方がもう少し増えれば、県外からのボランティアが何度も通わなくてもいいのですが、
どうなんでしょうね。
Aさんのシェルターでは、犬の散歩(午前中)、猫のお世話(午前、午後)をしてくれるボランティアを募集しています。

Aさんのブログはこちら 「3.11レスキュー日記」

 Aさんのシェルターを後に、浪江町内の重要ポイントへ給餌します。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 3
▲6号線の東側、請戸方面へ行く場合は通行許可証をチェックされます。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 4
▲津波被害がひどかった海沿いの請戸地区は、壊滅状態。瓦礫もほとんど撤去され、更地になっています。
2015年の2月頃までは、まだ打ち上げ船やつぶれた車が散在していました。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 8
▲請戸地区にある、慰霊碑です。原発事故で避難せざるを得なかった、福島原発警戒区域内の津波被災地は、
津波で生き残っていた人たちは見殺しにされました
自力で動けない人が自宅に残ったまま、餓死した例も少なくないそうです。
そこが、岩手や宮城の津波被災地との決定的な違いです
私たちの直接の知り合いが亡くなったわけではありませんが、請戸に行くときは必ずここで手を合わせます。
ここから第一原発も遠望できます。


 浪江町から葛尾村へ移動です。

 2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 5
▲3月末で解散してしまう、葛尾村自警団。詰所で一休みできる時間がありがたかったのですが…。
その代わり、4月1日からは村役場が、三春町の仮設庁舎から戻ってきます。

 三毛猫アカの家で帰宅していた息子さんとしばし談笑。
 アカはいたけど、トラジは見えず。
 マリくんの家で、もりけんが車を脱輪。トラクターであげてもらいました。
 K田さんちで白キジ、茶トラの兄弟が待っていて、よっぽどお腹がすいていたのか、近くでえさ食べました。
 「ハク」、「ショコ」の家に「浪江のAさんに連絡してくれ」と貼り紙。
 風越では若い白キジが待っていました。


2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 6
▲風越のポイント。いつものキジシロ猫さんが待ってました。

最後は田村市都路地区へ向かいます。

2016.2.20 TOKUさんチーム 浪江・都路・葛尾 7

ここでは高齢の飼い主が施設に入ってしまったため、残されている3匹のワンコたちの散歩。
近所の親戚の方がごはんと掃除はしているのですが、やはり高齢で散歩まではできない、
とのことで、散歩のボランティアです。
ワンコたち、里親募集中です。人間大好きな親子3匹なので、できれば一緒に過ごさせたいです。


 もりだくさんの活動、お疲れさまでした。
 帰路、連休のために高速道路も混雑していたようです。


 
【今月の活動日】
●3月5日(土) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●3月6日(日) 浪江町 (みやさん)
●3月9~13日 写真展
●3月20日(日) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●3月26日(日) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●3月27日(日) 葛尾村・田村市都路地区 (くろさん)
●3月27日(日) 里親会@しろいぬカフェ(千葉県流山市)

 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべて活動費(フード代、医療費など)に充てられます。
交通費はメンバーの自前です(交通費負担軽減のためと安全のために活動は複数名が基本)。

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。

(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)

スポンサーサイト
タイトルなし | Home | 3/27譲渡会、ありがとうございました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する