2016年4月2日(日) 浪江町給餌レスキュー活動(みやさん)

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 4月2日(日)、私達と連携して活動している、個人ボランティアの「みやさん」(埼玉県)が浪江町へ。
 みやさん宅には、自分の飼い猫と2匹のワンコのほか、福島被災地の猫・地元の猫など保護猫が60匹余りいます
 猫たちを助けるために一軒家を購入、まったくの個人でレスキュー活動を5年以上も続けています。
 公的な支援はまったくなく、自分の収入の大半を犬猫たちのために使っています。

 みやさん宅のことは、また改めて紹介します。

 2016.4.3  みやさん@浪江町 2
▲富岡町・夜ノ森の桜並木。住民がいない、無人の町でもこんなにきれいに咲いてくれます。

2016.4.3 みやさん@浪江町 4
▲みやさんの同行者は、「りんのすけ」。殺処分されるところを救い出されました。
「うひゃ男」と評判のお調子者らしいです。

2016.4.3 みやさん@浪江町 1
▲浪江町・請戸川沿いの桜も、見ごろ

2016.4.3 みやさん@浪江町 3
▲浪江町はどこもかしこも除染され、不自然なほどきれいに整地されています

 浪江町へは1週間前に美穂隊員とOさんが給餌をしてくれたのですが、フードはどこのポイントもカラッポだったそうです。
 多くは野生動物に食べられてしまいますが、猫たちも私たちが置いていくフードを頑張って食べて生き延びてくれています。

 みやさん、今回は被災地に1泊して捕獲器をセット、2匹もレスキューしてくれました。

2016.4.3 みやさん@浪江町 5
▲今回の保護猫 その1 拠点にしているTさん宅にて。この子の他にもいるようです。
ここは倉庫として使わせてもらっているコンテナ以外、秋には解体される予定。うーん。

2016.4.3 みやさん@浪江町 6
▲保護猫 その2  「まこちん」(後述)を保護した、町営住宅近くのポイントにて。
ここにはたくさんの猫や犬が寄りついていました。

2016.4.3 みやさん@浪江町 7
▲みやさん宅にいる、「まこちん」。
浪江町・町営住宅近くで保護。みやさんが掛けた捕獲器に入り、ぽこ隊員が関東まで連れ帰って、みやさん宅へ届けました。
この場所は、2011年11月、圏内にゲリラ侵入して保護した、犬の「モモ」と舎弟の「まこちん」を保護したところ。
同じ餌場で保護したことで、この子を「まこちん」と命名したのでした。

 「まこちん」、白血病キャリアで2年以上も元気だったのですが、とうとう発症し、現在、かなり危ない状態です。

 みやさん、ごくろうさま&ありがとうございました。

【4月の活動日】※予定 追加あり
●4月2日(日) 浪江町(みやさん)
●4月6日(水) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●4月9日(土) 被災地案内ツアー兼給餌(葛尾・浪江)
●4月12日(火) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム 
●4月16日(土) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム 
●4月17日(日) 浪江町・田村市都路地区 1チーム 
●4月18日(月) LYSTAシェルターボランティア
●4月20日(水) 被災地案内・浪江町給餌 1チーム 

 みやさんも、自身のブログで記事にしていますので、見てくださいね。 「ふに三昧
スポンサーサイト
4月10日(日)、エンジョイ・ワンパ-ティ@「ハウスクエア横浜」に出展します!」 | Home | 2016年3月26日(土) 浪江町・田村市都路地区(美穂隊員&Oさん)、3月27日(日) 葛尾村(くろさん)活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する