2016年4月6日(水) 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 その2

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

熊本の地震のニュースに驚いて、つい、更新が滞りました。
5年前の福島の状況を思い出します。

私、ぽこ隊員の自宅(福島県中通り)も大規模半壊、近隣の市町村ではダム決壊や山崩れで
それぞれ7~8名の方が亡くなりましたが、今回の熊本地震はそれ以上の被害のようです。
原発事故、津波がないのが幸いです。

 熊本といえば、 他の団体と連携し、「緊急災害時動物支援ネットワーク熊本」を立ち上げている、
「がんばれ動物クラブ」の西川真理子さん がいらっしゃいます。

 東日本大震災のときも、直後から福島に入って、現在も継続して活動してくれています。
 多くの団体が半年~1年ほどで福島から撤退している中、5年経った今でも、福島を忘れずに
いてくれています。

 葛尾村へも月に1回は来てくれていて、多くの犬猫のTNR、給餌をするほか、仮設住宅へも訪問され、
ペットと飼い主さんへの支援も続けているので、ご存じの村民の方も多いことかと思います。

 今回の地震にあたり、地元熊本で頑張っておられる様子です。
 なんとか、支援をしたいと考えています。

 東日本大震災のときは、動物関係の寄付をどこにしていいかわからない人は、
「緊急災害時動物救援本部」【※(財)日本動物愛護協会、(公益社団)日本動物福祉協会、(公益社団)日本愛玩動物協会及び(社)日本獣医師会による組織】に寄付した人も多いようですが、7億円も集まった義援金の配分において、いろいろ問題があって取り沙汰されています。
3月22日の朝日新聞でも取り上げられていました。

 仮設住宅にいるペットのトリミング事業に寄付金から3500万円を支出したというから驚きです。
 延べ298匹なので、1匹あたり11万円もかかった計算です。
 無償のボランティアがいる一方で、そういうお金をかぎつけて群がる輩もいるんですね。
 
 
 詳しくは改めて記事にしたいと思いますが、信頼できるところに直接支援したいものです。
 
 さてさて、4月6日の活動報告 【その2】です。
 その後の活動報告も溜まっているので、簡単にいきます。

 ぽこ隊員が一人で葛尾村と田村市都路地区へ行ってきました。


2016.4.6  葛尾村 ぽこ 5
▲5年間、1人で家を守るトラちゃんです。6月の避難指示が解除されればお父さんお母さんが戻ってきます。
トラちゃん、「さみしさから来るストレスで痩せてしまった」そうですが…。

2016.4.6 葛尾村 ぽこ 1
▲風越のポイントにて。車を止めたらどこかからやってきました。姿を見せてくれるものの、近くには寄ってきません。
ここには他にもいたのですが、最近姿を見せるのはこの子だけです。カメラで確認したいところですが、
2台しかないカメラは浪江優先で使っているので…。

2016.4.6 葛尾村 ぽこ 7
▲家老川のアカ。トラジも一緒でした。少しダイエットに成功した様子。

2016.4.6 葛尾村 ぽこ 6
▲岩角地区のモニタリングポスト。村内でも少し高い値ですが、一時期より確実に下がっています。

 この日はあまり猫さんに出合えませんでした。
 フードもほとんどのポイントで空だったので、多めに給餌しました。
 
 ウルトラ警察隊が居た「みどり荘」では、茶トラが居着いていますが、この日は不在。
 作業員の方に聞いたら、どなたか、「みどり荘」を拠点にしている業者か村民の方が、猫に餌をあげているそうです。
 よかった。
 
 
 給餌後は、先月、葛尾村にオープンした、カフェ「嵐が丘」へ行ってみました。

2016.4.6 葛尾村 ぽこ 12
▲移ケ岳をバックに立つ、カフェ「嵐が丘」。
「嵐が丘」といえば、イギリスの作家、エミリー・ブロンテの小説です。物語の中で風が強い場所として描かれています。
この場所も、オーナーの堀江さんご夫妻が最初に来たときに風が強かったので、「嵐が丘」と命名したそうです。

2016.4.6 葛尾村 ぽこ 11
カフェ「嵐が丘」の店内。
オーナーの堀江さんご夫妻は、神奈川県厚木市から移住
2011年、カフェ兼住居が完成し、もうすぐオープン、というときに被災してしまいました。
その後、葛尾村の皆さんとともに仮設住宅で暮らし、5年経ってようやく念願のカフェをオープンさせたのです。

 田村市都路地区、飯舘村なども見てから葛尾村のこの場所に決めたそうです。
 店内は奥様が趣味で集めたアンティークがいっぱい。ちょっとした美術館のようです。
 コーヒーカップも自分の好きなものを選べます。
 ランチも食べられますので、ぜひぜひ行ってみてくださいね。

 カフェ「嵐が丘」の記事はこちら
 
 最後は、田村市都路地区のワンコ3匹(ハッピー、アカ、ジョンの親子)の散歩。
 3匹まとめての散歩にトライしましたが、最初のダッシュで転びそうになりました。
 最初だけこらえれば、なんとか3匹一緒に散歩することも可能ですが、屈強な方以外はやめておいたほうが賢明です。
 ペロペロ大歓迎されるので、一匹ずつ連れ出すのも大変ですが…。

2016.4.6 葛尾村 ぽこ 13
▲左からハッピー(母)、アカ(娘)、ジョン(息子)。みんな人間大好きで性格がいい子たちです。
里親募集中。3匹一緒に迎えてくれるところはないものでしょうか。




【4月の活動日】 ※予定 追加あり
●4月2日(日) 浪江町(みやさん)
●4月6日(水) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●4月9日(土) 被災地案内ツアー兼給餌(葛尾・浪江)
●4月12日(火) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム 
●4月16日(土) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム 
●4月17日(日) 浪江町・田村市都路地区 1チーム 
●4月23日(土) 浪江町ほか 1チーム
●4月27日(水) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム

スポンサーサイト
葛尾(かつらお)村のイメージキャラクター、決定! | Home | 2016年4月6日(水) 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 その1 「村人の帰還意識は?」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する