2016年4月9日(土)、被災地をご案内しました。【その2】

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

4月9日(土)、福島原発被災地ツアーの続きです。

【その1】はこちら田村市都路地区からは、R288を通り、富岡町へ。
R288は大熊町の帰還困難区域を通りますが、中通りから常磐道富岡IC・国道6号へのアクセス路であるので、
一般車両も通行できます。
2014年までは許可証なしでは通れなかったのに。ゲリラで入ってたときはドキドキしながら通ったものでした。

2016.4.9  被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 7
▲富岡町・夜ノ森の桜並木。ちょうど満開でした。
ここへは震災後2012年から毎年来ています。2013年からは誰でも入れるようになっていたものの、
こんなに普通の観光客が来ているのを見たのは初めて。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 6
▲桜並木の途中からは帰還困難区域なので、通行証がないと入れません。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 8
▲夜ノ森の桜並木途中には卵の販売機があります。中に卵がありますが、5年前のままです。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 10
▲津波で被災したJR富岡駅前の風景。1年半前に駅舎が撤去され、商店街も昨年後半に解体・撤去され、
現在は何もない更地です。
こうして、震災の跡がだんだんわからなくなっていきます。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 9
▲個人の方による、慰霊の花。毎回、ここにあります。津波か地震で亡くなられたのでしょうか。

 富岡町からは国道6号を北上し、浪江町へ向かいます。

 国道6号も、現在は誰でも通行できますが、帰還困難区域(富岡町北部、大熊町、双葉町)は歩行者、自転車、二輪車は
通行できません。車で移動するか、JRの代替バス(JR常磐線の不通区間を運行)で通ることができます


2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 16
▲津波被害の大きかった請戸地区の慰霊碑へ。後ろのほうに見えるのは福島第一原発
ここからはたったの数キロ。
請戸へ行くには国道6号線との分岐にゲートがあり、町から発行される通行許可証がないと通れなかったのですが、
4月1日から帰還困難区域以外のゲートはすべて撤去され、自由に入れるようになりました

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 19
▲請戸地区も1年ちょっと前までは津波被害がまだまだわかるような状態でしたが、すっかり片づけられました。
残っている家も1階部分は流されています。左の白い建物は減容化施設。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 17
▲ここは神社だったのかな? 狛犬が残っていました。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 12
▲浪江町で拠点にさせていただいている、Tさん宅。コンテナハウスを倉庫として使わせてもらっています。
外から見えにくい広い庭で休憩させてもらったり、すぐ裏の家の井戸水を使わせてもらったり(隣人の許可済)、
とても貴重な場所。給餌ポイントでもあり、何匹か猫がまだ食べに来ています。
コンテナ以外はこの秋に解体されてしまいます。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 14
▲浪江町も少し給餌して回ります。フードを入れている、この白い袋はスクリーニング場でもらえる
防護服セットの中に入っている、靴カバー。上下の防護服は使うことはあっても、靴カバーまで使うことはないので、
いくつも余っていました。大袋のフードを2.5㎏に小分けして入れて行けます。みんな、捨てないで使いましょう。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 13
▲浪江の駅前商店街へもご案内しました。ここへ入るゲートも撤去されていました。
このへんは地震で崩壊した建物が多く、ずっと放置されてきましたが、昨年から解体が始まりました。
これからどんどん解体が進み、やはり更地になるのでしょう。今のうちに見ておいたほうがいいと思います。

 次に、浪江町の被災者でありながら、浪江町の帰還困難区域ギリギリの自宅を動物保護シェルターにして、
たくさんの犬猫をレスキューしている、Aさんの自宅へ。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 11
▲ワンコがたくさんいます。あいにく、町内を給餌に回っていてお会いできませんでしたが、
電話でお話し、支援物資を置いてきました。

Aさん、避難先の郡山から毎日浪江の自宅へ通っています
基本的に奥様と2人で犬十数匹、猫数十匹のお世話をしています。

お散歩などのボランティア、募集中浪江町内ですが、誰でも許可証なく行ける場所にあります。
Aさんのブログはこちら

Aさんのところへ通う数少ないボランティアのほとんどは関東から交通費を自腹で払っています。
もう少し、近くの方がお手伝いしてくれるといいのですけどね。

 最後は、浪江町から富岡町の帰還困難区域を通って、再び田村市都路地区を経由して三春町へ。

2016.4.9 被災地ツアー ぽこ&田中さん&まちさん 18
滝桜のライトアップ。満開間近でした。
真っ暗になってからではなく、もう少し早い時間のほうがきれいなのですが、それでも素晴らしかったです。
これを見てもらえて、福島県民としてはうれしいです。

 今年は開花がかなり早く、16日から予定されていたライトアップが11日からに変更され、
 さらに9日からに前倒しとなったので、ラッキーにも寄ることができました。
 Tさん、とてもいいタイミングで来福されました。

 ということで、無事に被災地見学&桜ツアー、終了です。

 また、機会があれば&ご希望者があれば開催したいと思います。

 
スポンサーサイト
2016年4月12日(火) 葛尾村・田村市都路地区活動報告 | Home | フードのご支援品受け取りました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する