2016年5月1日(日) 浪江町活動報告 (みやさん)

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 ブログでの活動報告が大変遅れていますが、安心してください! しっかりやっていますよ。

 5月は、連携仲間の「みやさん」が、浪江町へ。
 
 福島の被災猫、犬ほか地域の保護猫など合わせて70匹ほどを
自宅で面倒みているみやさん。
 東日本大震災をきっかけに、こうした動物保護活動を始めました。

 震災直後から活動し、5年経っても、もちろん続けています
公的支援はまったく受けていません。

 参考までに全国緊急時動物救援本部の支援先はこちら

 支援が公平かどうかも問題ですが、以下はもっと問題視されてもいいと思います。

●仮設で飼われているペットへのトリミング事業に3500万円(1匹あたり11万円!)、
被災動物サーチプロジェクト(飼い主・里親探しのWEBサイト制作)に380万円もかけています。
※しかも、1匹も成果なし。 

 無償のボランティアが頑張っている一方、被災地での保護活動もしないのに、高額な報酬で仕事を請け負う人たちもいて、
なんだかなあ、と思います。
 どこの業界にもあるんでしょうが、癒着、コネが幅を利かせて一部の人が利益を得ているんでしょう

 そういう人たちは、自腹でレスキュー、給餌保護活動をする私たちのことをどう見ているのでしょうか

 全国緊急時動物救援本部に寄付した人は、まさかトリミングに1頭11万もかけているとは思いませんよね。
 トリミングや里親募集サイトくらい、ボランティアでできることだと思うんですけどね。
 こちらのサイトも参考にしてください
 ※全国緊急時動物救援本部は「>一般財団法人ペット災害対策推進協会」と名前を変えて、
熊本地震の寄付金も募っています。
 今後は支援先を公平にして、無駄で高額な事業にお金を出さないでほしいです
 
 脱線しました。
 みやさんはあくまでも個人での活動なので、こういうお金とは無縁なので、経済的に大変苦しい状況です。
 人的にも大変ですが、Sさん、Kさん、Iさんら何名かのボランティア仲間が、
定期的にみやさんの自宅へ行って犬猫のお世話をしています。
 みやさんが福島に行くときは、ボランティアさんのどなたかが、留守宅を守ってくれています。

 派手に活動をアピールすることもなく、こうして地道に続けてくれている人たちがいるんです。
 本当にありがたいことです。

 熊本・大分地震で大勢のボランティアが本州からも向かったようですが、最初だけの人もきっと多いのでしょうね。
 物見遊山??

 福島にも最初の年は大勢のボランティアが来ましたが、その中で継続してくれているのはごくごくわずか。
 みんな、もう福島のことは忘れているか、終わったものと思っているのかなあ。

 さて、みやさんは、福島への活動時には相棒を伴っていきます。
 りんのすけ、こみいの2匹のいずれかが助手を務めるのですが、今回は「こみい」。 

2016.5.1  みやさん 浪江 1
▲助手席でうれしそうな「こみい」。「りんのすけ」とは仲が悪いそうです。

2016.5.1 みやさん 浪江 3
▲浪江で拠点にしているポイントに仕掛けた捕獲器。これはハクビシン。
もう1つは人懐こいアライグマが入っていたそうです。どちらもリリース。

 みやさんの、今回のミッションは、先月浪江で保護し、浪江にあるAさんのシェルター
預かってもらっていた2匹の搬送です。

2016.5.1 みやさん 浪江 4
▲先月、みやさんが町営住宅で保護した猫。
ここでは私たちの給餌ポイントのほか、太田式給餌器もあり、たくさんの犬猫の命を繋いできた場所。

2016.5.1 みやさん 浪江
▲やはり先月、みやさんが浪江拠点で保護した子。仔猫のように体が小さいのに、もう妊娠していたそうです。

2016.5.1 みやさん 浪江 5
▲こちらは、やはり町営住宅で4月にTOKUさんチームが保護され、Aさんシェルターに預けている
「捕まらない君」改め「にゃんた」。

 浪江に通う動物ボランティアの間では「捕まらない君」として有名でした。

 まさかの去勢済みで、エイズ、白血病ともに陰性
 飼い猫だったことに間違いなく、スリごろくんだそうですよ。
 人間がいなくなった町で野生動物の脅威に脅かされながらも、 5年以上、頑張って生き抜いてきました。
 
 「にゃんた」、5月14日にTOKU家に移動予定です。
 
 まずは飼い主探しをし、見つからなければ里親募集となります。

 この日の活動は、みやさんのブログ「ふに三昧☆猫だらけ~くな&ぴゅる&ぽむの日常をごらんください。

 地道にコツコツ。
 今後も派手なパフォーマンスはせず、
 できる範囲で細く長く少しずつ、続けていきたいと思います。

【5月の活動日】

●5月1日(日) 浪江町 みやさん
●5月5日(祝) 里親会@千葉県南流山
●5月7日(土) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●5月14日(土) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●5月19日(木) 葛尾村・浪江町 1チーム
●5月21日(土) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●5月22~24日のいずれか 葛尾村レスキュー (たけさん)
●5月28日(土) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム 


ご支援もおまちしています。
 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】
 おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべて活動費(フード代、医療費など)に充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません
(交通費負担軽減のためと安全のために活動は複数名が基本)。

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、今回登場している、「みやさん」ほか、
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです) 

スポンサーサイト
2016年5月7 | Home | 2016年4月26日(火) 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する