葛尾村について

 
葛尾(かつらお)村は、あぶくま高地北部に位置し、北東は浪江町、南は田村市と接しています。
標高500m前後、農業と酪農中心の農村でした。
東西18.6km、南北8.6km、人口は1489人(2015年1月1日)、455世帯
320px-基礎自治体位置図_07548_svg
(wikipediaより)

2011年3月11日の東日本大震災直後に起った原発事故により、全域が警戒区域および計画的避難区域に指定され、全村民が村外へと避難しました。村民の多くは三春町や他市町村の仮設住宅、借り上げ住宅で暮らしているので、役場は三春町に移転しています。

2013年3月22日に区域再編が行われ、一部は帰還困難区域となりましたが、大部分は避難指示解除準備区域および居住制限区域となり、2017年春の避難指示解除に向けて、村全域で除染作業が行われています。

未だ全村避難で村内に宿泊することはできませんが、自由に戻ることができるので昼間は自宅に戻る人もいます。また、住民がパトロール隊を編成して24時間体制で村を見回っているほか、自警団では村に出入りする車をすべてチェックしています。全国から2週間交替で警察も来て村を警備してくれています。

141206saihen.gif
(みんゆうnetより)

580.jpg

スポンサーサイト
2015年1月の給餌活動報告 | Home |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する