2016.6.16 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 【その1】

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 2週間前の報告になります。
 6月16日(木)、早朝、千葉からJRで福島までやってきた、たぬき隊員をぽこ隊員がJR鏡石駅でピックアップ、
葛尾村へ向かいました。帰路は千葉まで一緒に車で帰ります。ぽこ隊員の実家が千葉にあるためで、
こういうパターンでもう何度かやっています。 

 なぜか、私たち「かつらお動物見守り隊」には、千葉県在住のメンバーが多いです。
 葛尾村でも、「ああ、千葉の人たちね」と言われます。

 ところで、今回は最初に飯舘村へも行きました。
 たぬき隊員、実は飯舘村で保護された猫、「ぱいふー」の里親さんなので、

「機会があったら、ぱいふーが保護された現場へ行ってみたい」
と言っていたので、日没が遅いこの時期なら、飯舘村へ行ってから葛尾村、都路へ回っても
暗くならないうちに終わるだろう、とのことで、決行です。

 私も飯舘村へ行くのは1年ぶりくらいです。
 飯舘村にもやはり、5年経った今でも給餌レスキューに通うボランティアさんがいます
 中には飯舘村の犬猫たちのもとへ通うため、神戸から郡山に移住された方もいます。
 Hさんです。ブログはこちら
 ほぼ、毎日飯舘村へ通い、訪問回数は1000回を越えました。
すべて自費でのボランティアです。
 
 
 仮設住宅でペットNGなので、自宅に残しておく人が多いため、葛尾村より犬の割合が多いようです。

2016.6.16  飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 1
▲飯舘村へ向かう途中、川俣町のセブンイレブンです。
こんなポスターが貼ってありました。
不要になった作業着などをコンビニのゴミ箱に捨てるなど、いろいろ問題があったからですね。
2015年8月に飯舘村にセブンイレブンがオープンするまでは、ここが最後のコンビニでした。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 3
▲飯舘村役場です。避難後から現在まで、役場機能は飯野町に移転していますが、2016年7月からは、こちらに戻るそうです
飯野町のほうは出張所として残すとか。そのためか、この日もかなりの人が働いていました。

 震災後はずっと、役場内に飯舘村をパトロールする「見守り隊」の詰所がありました。
 たぬきさんの猫、「ぱいふー」は、見守り隊の人たちが捕獲し、保健所へ連れて行かれるところを、
 たまたま立ち寄った、ボランティアの「ねーねーさん」(現在も群馬県から飯舘村へ給餌に通ってくれています)が保護、シェルターで面倒を見てもらっていたのでした。
 保護当時はガリガリだったそうですが、今ではたぬきさん宅で、すっかり豊満な家猫さんになっています。

 たぬきさんは、他にも葛尾村の猫パラダイス1で保護された猫、「銀次」、<strong>下半身不随の猫、「ジェニー」も引き取ってくれています。
 私たちの給餌保護活動に参加したのも、引き取った子たちの故郷を見たいということからでした。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 2
▲役場前の線量計。だいぶ下がりましたね。奥にはお地蔵さんがあり、頭をなでると村民歌が流れます。

 「ぱいふー」は、このあたりを根城にして生き抜いてきたのです。
 役場の向かいには特別養護老人施設があり、全村避難が決まっても、ここの入所者は動かすのが危険だとのことで移動せず、
避難直後から職員が村外から通っています。

 2011年4月以降、避難が決まり村に人間が住まなくなったけれど、ここだけは人間が居たのでそれなりにご飯にありつけたのかもしれません。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 4
▲役場周辺は、除染や復興作業真っ最中。大型トラックや復興関連の車がひっきりなしに行き交い、
あちこちで大規模工事が行われていました。
本来は静かな村なのでしょうが、なんだか殺伐とした様相でした。
 村の規模が大きいせいか、葛尾村の比ではないですね。
 

 飯舘村は来年3月、避難指示が解除されます。

 
 【その2】へ続く。

スポンサーサイト
2016.6.16(木) 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 【その2】 | Home | 「NHK福島」で、震災でペットを失った葛尾村民が登場!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する