2016.6.16(木) 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 【その2】

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

2016年6月16日(木)の活動報告、【その2】です。   【その1】こちら

 飯舘村から、葛尾村へ向かいます。
 R349から県道50号を通っていきます。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 5
▲葛尾村を横断する、県道50号。
田村市側の最後の集落にある、怪しいマッサージ店の看板。
12日に避難指示が解除されたため設置されたようです。
国道288号より、ここを通って村へ戻る人が多いのです。


 この日のミッションは、給餌停止を希望している、Mさん宅に居着いている、茶白猫の捕獲です。
 いの一番にMさん宅へ向かい、捕獲器2台をセットし、その後に給餌に回ります。

 Mさん、自分の飼い猫も残しているし、給餌もOKだったのですが、野生動物の被害がひどいし、
 居着き猫のせいで飼い猫が追いやられてしまった、とのこと。

 給餌を止めると野生動物も来ないけれど、ここで食べていた猫たちが飢えてしまいます。
 そこで、「にゃんだーガード」のシェルター長、たけさんに相談し、Mさんと交渉してくれて、保護することになったのです。
 どちらも保護できるまでは、給餌を継続できることになっています。
 せっかく、震災後、ずっと生き延びてきた命なのですから、助けたい。

 もう一匹の、キジシロ猫はMさんが捕まえ、三春町にある「にゃんだーガード」のシェルターへ搬送してくれました。

 結果は…

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 16
▲アナグマ? ハクビシンでもなくタヌキでもないようです。リリース。

 茶白猫、姿は確認できたものの、捕獲器には入りません。

 給餌は前回4日でしたので、10日以上も間隔があいていたため、1ケ所をのぞき、ほぼ空っぽ。
 みんな、お腹を空かせていたようで、意外にたくさんの猫が「にゃあにゃあ」言いながら顔を出しました。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 6
▲猫パラダイス1。常連のキジくん。
解体準備のため、納屋にあった藁が片づけられてしまい、猫たちの快適な寝床がなくなってしましました。
恨めしそうな目です。
「オレたちの寝床、返してほしいニャ」


2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 7
▲Mシゲルさん宅。ここで見るのは初めてだけど、どこかで見たなーと思ってたら、
2年以上前に猫パラだいす2で見かけた子でした。写真を撮って写真展にも展示したので、見覚えがありました。
ここと猫パラだいす2は、道こそないものの、直線距離では300mくらい? 森を通って行き来できます。
いくつかの給餌ポイントを回って食いつないでいるんですね。 

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 8
▲Kさん宅の養豚場後にいたシャムミックス。ときどき見かけます。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 9
▲Kさん宅。解体が入る準備のようです。
Kさんは来年くらいには村に戻るとのこと。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 10

▲S牧場。ここはたくさんの猫が食べにきています。


2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 12
▲S牧場近くにケシ畑がありました。誰も手入れしなくても、きれいに咲いてました。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 13
▲6月12日の避難指示解除に伴い、郵便局もオープン! なんだか普通の村になったみたい。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 14
▲村の中心部。飯舘村と比べると、かなり寂しい感じ。田舎度では葛尾村が勝ってます。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 15
▲ホタルブクロの季節になりました。もう初夏です。

 この日は時間の余裕がなく、カフェ「嵐が丘」にも寄れなかったし、入浴施設の時間にも間に合いませんでしたが、「せせらぎ荘」で働くSさんに挨拶に行きました。
 すると、1週間ほど前にSさんのダンナさんが村をパトロール中に山のほうで子猫2匹を見かけた、とのこと。
 手持ちのパンなどをあげたけれど、人馴れしてなくて寄ってこなかったというので、その場所へ行ってみましたが、
 時間も経っていたせいか、姿を見つけられず。
 葛尾村ではTNR(不妊手術してもとの場所に戻す)を進めてきて、比較的子猫問題はなかったのですが…。


 茶白の捕獲をあきらめ、田村市都路へ。
 高齢の飼い主が施設に入ったため、残された3匹の親子犬の散歩です。
 犬たちを世話している、都路のIさんにご挨拶。
 Iさん夫妻は近隣の猫や犬の面倒も見ているので、フードなどの支援もします。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 17
▲Iさんがご飯をあげている、放浪犬。都路あたりには、けっこういるようです。この子の母犬も放浪犬だとか。
近くまでは来るけれど、触ったりはできません。

2016.6.16 飯舘・葛尾・都路 ぽこ&たぬき 18
▲親子犬のハッピー(母)、ジョン(息子)、アカ(娘)
不妊手術は済んでいます。フィラリアも陰性。人間大好きすぎて、毎回、こうして大歓迎を受けます。

 最後に、都路の食堂に残されている犬、コータローにご挨拶して、一路、千葉へと帰りました。


 この日の様子は、たぬき隊員も、自分のブログ「Belly Dancer Mariko の日々是好日」で書いています。


 給餌用フード募集中!

 浪江拠点の倉庫のフード、ほぼ底をついてしまいました。
 私たちは、葛尾村のほか、浪江町へも給餌に通っています。

 基本的には、イベントやフリマ、里親会などでチャリティグッズの売り上げやボランティア仲間からの支援でフードなどもまかなっていますが、それ以外の方からのご支援も大歓迎です。

 
 ということで、給餌用フードも募集いたします。

 浪江町では私たちの給餌ポイントのほか、O田式給餌器への補給もしています。
 拠点にストックしておけば、連携メンバーの「みやさん」も使えます。

 被災地へ通う給餌ボランティアも少なくなりましたが、私たちは細く長く続けて行きますので、
よろしくお願いします。

【「かつらお動物見守り隊」6月の活動日】※7月の分は次回。
●6月4日(土) 葛尾村 1チーム
●6月4日(土) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●6月5日(日) 譲渡会@「しろいぬカフェ」(千葉県流山市)
●6月12日(日) 浪江町 みやさん
●6月16日(木) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●6月21日(火) 葛尾村 たけさん
●6月26日(日) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●6月28日(火) 葛尾村・田村市都路地区 たけさん

【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】
 おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべて活動費(フード代、医療費など)に充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません
(交通費負担軽減のためと安全のために活動は複数名が基本)。

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです) 

 

 
スポンサーサイト
葛尾村の帰還者、61人、4.5% | Home | 2016.6.16 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 【その1】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する