2015年3月1日、16日の活動報告

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 私たちは原発被災地・全村避難の葛尾村にいる犬猫たちへの給餌のほか、
 浪江町など他地域への給餌も定期的に行っています
 
 3月前半、TOKUさんチームによる2度の浪江町活動報告です。詳しくはこちらをクリックしてください。


浪江町請戸海岸にある慰霊碑。ここは原発事故の放射能汚染だけでなく、津波で壊滅的な被害を受けた場所です。
津波だけなら生き残っていたであろう人も、宮城・岩手のようにすぐレスキューが入らなかったために亡くなってしまいました。
20150320134321cde.jpg
▲浪江町北幾世橋にある給餌ポイントにて保護。暗視カメラに映っていた子です。
 3月8日にみやさんが保護、浪江町のAさんが預かってくれていましたが、16日、TOKUさんが千葉の自宅へ搬送。預かりをしてくれてます。
 4年も放浪していたのに、スリスリの甘えん坊です。避妊手術済だったとのことで、飼い猫だったのは間違いありません。
 4年も経っているので、北幾世橋以外から移動してきている可能性は大きいです。
 いずれにしても、私達の給餌で命を繋いでくれていたと思うと、うれしいです。

20150311121515e76.jpg
▲帰りにいわき市四倉にある動物保護団体「LYSTA(リスタ)」さんのシェルターでボランティアもしてくれたようです。
スポンサーサイト
硬派・銀次がメロメロに! | Home | 寅吉くん、闘病中

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する