2016年8月2日(火) 福島県葛尾村・田村市都路地区 活動報告 【その3】

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

8月2日(火)の活動報告 【その3】です。

【その2】はこちら

 夏湯を後に、今度は村中心部へ。
 村役場(この4月から仮設から戻ってきています)を通りすぎ、S牧場に向かいます。
 が、絶賛解体中で、給餌場所へ上る砂利道がたくさんの作業車で塞がれているではありませんか!

 村の復興のために作業されているみなさんの邪魔にならないよう、
 フードを担いでえっちらおっちら登っていきました。

2016年8月2日 葛尾村・篠木牧場 ぽこ 
▲すると、久しぶりに、この方に出会いました。タキシードくんです。一時期より痩せたかな。
そろ~っ給餌BOXのほうへ向かってきましたよ! 

2016年8月2日 葛尾村・篠木牧場 ぽこ 3
▲「どうやら、ごはんが届いたようニャ! しめしめ、ほかの猫はまだ気が付いてないニャ!」

2016年8月2日 葛尾村・篠木牧場 ぽこ 5
▲「よっこら」

2016.8.2 葛尾村・都路 ぽこ 30
▲「しょっと! 猫のジャンプ力ならこんな高さはへっちゃらなのニャ」

2016年8月2日 葛尾村・篠木牧場 ぽこ 4
▲「一番乗りの特権ニャ! ウエットフードをいただきますのニャ!」

2016.8.2 葛尾村・都路 ぽこ 25
▲S牧場には4~5匹の猫が食べに来ています。もっと置いておきたいところですが、
来週も他メンバーが来る予定なので、このくらいです。
ここは帰還困難区域と違って許可証がなくても誰でも入れるエリア。
必要以上に多くのフードを置くと野生動物を呼び寄せることになってしまうし、大事なフードの無駄遣いにもなってしまいます。


2016.8.2 葛尾村・都路 ぽこ 26
▲大盛りで有名な、I食堂もごらんのとおり。
お盆までには全部解体されてしまうそうです。
ここに置いてあった給餌BOX(RVボックス)は、作業員の人が処分してしまったとか。
たしかに、カラッポで汚いRVボックス、何のために置いてあるか知らなければ捨てられてしまうのは当然です。
今度はしっかり、箱の上に「猫のごはんを置いています。片づけないでください」と書いておかねば

とはいえ、作業員さんたちはみな親切で、「ここなら一番最後まで壊さないから」と、
場所を提供してくれたので、即席給餌BOX(段ボール)を置かせてもらいました。
作業中も何度か猫が姿を現しているそうです。このときも、猫が向かい側で待ってました。


 葛尾村の給餌を終え、今度は田村市都路(みやこじ)地区へ。
 ここも原発被災地で、一時期はみんな避難していました。
 葛尾村以上に地味で全国的に知られていない地区ですが、第一原発から20㎞圏内の警戒区域も含まれています。
(※現在はすべて避難指示解除となり、住民の方もずいぶん戻ってきています)

2016.8.2 葛尾村・都路 ぽこ 28
▲高齢の飼い主が施設に入ったため、残されている、「ハッピー」(母)と「アカ」(娘)。息子犬の「ジョン」は里親さんのもとへ。
みんな、人間大好きで、本当に性格がいい子です。
私たちのようなボランティアが来たときにしか散歩ができないのが気の毒です(ごはんと水、掃除は親戚の方がやっています)。

2016.8.2 葛尾村・都路 ぽこ 29
▲ジョンがいなくなって、2匹だけになり、少し広くなった感じ。寂しがっている様子は…、ないかな。
犬小屋は菅野隊員が作った力作。平たい屋根に登れるようになっているので狭い犬舎内でも運動になります。

2016.8.2 葛尾村・都路 ぽこ 27
▲最後は「コータロー」にご挨拶。もうすっかり覚えてもらったのですが、まだ触れません。

【追記】
この後日、私が仕掛けたカメラを確認してくれた、たけさんより画像が届きました。

M・Kさん宅のターゲットの茶白、ちゃんと食べに来ていました。
そのほかにも、キジトラと思われる猫も! 
しばらく、ダミー作戦を継続します。捕獲器を知っている猫さんはなかなか入ってくれませんね。
(ここに仕掛けてある捕獲器は、蓋が閉まらないようにしてあります。猫さんに捕獲器の中に入っても安全だと思わせる作戦です)

2017.8.葛尾村・松本勝昭さん宅・カメラ画像(たけさんより)2

2017.8.葛尾村・松本勝昭さん宅・カメラ画像(たけさんより)

 ということで、次の方に引き継ぎます。

 【8月の活動日】
●8月2日(火) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●8月5日(金) 葛尾村 たけさん
●8月6日(土) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●8月9日(火) 葛尾村 たけさん
●8月12日(金) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●8月14日(日)~15日(月) 浪江町 みやさん
●8月17日(水) 浪江町 みやさん
●8月19日(金) 浪江町 みやさん
●8月20日(土)~21日(日) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●8月24日(水) 葛尾村・田村市都路地区 たけさん


 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)
※葛尾村の犬用に、ダイエットフードもお願いしたいです。

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)


やる気のある人が、やれるときに、できる範囲で無理なく活動するのが、私たち「かつらお動物見守り隊」のモットー。
無理をすると続きません。1人だけの活動も限界があります。

 私たちは、福島の被災地を見守りながら、細く長く、地味に続けていきます。応援、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
2016年8月6日(土) 浪江町・田村市都路地区 活動報告  | Home | 2016年8月2日(火) 福島県葛尾村・田村市都路地区 活動報告 【その2】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する