2016年8月6日(土) 浪江町・田村市都路地区 活動報告 

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 私たちは、東日本大震災直後の2011年春頃より、福島の原発被災地での給餌レスキュー活動を開始し、
5年以上、継続して被災地へ通っています。
 この5年余の間に私たちの活動をめぐる環境も、福島の状況もいろいろと変化していますが、
 熊本地震があったり、オリンピックが行われたりと、福島のことはどんどん忘れられている状況です。

 各所にあった「東日本大震災復興応援」の文字も、最近は「熊本地震復興応援」に代わってしまっています。

 それでも、被災地には犬猫がまだ残されていて、私たちのようにまだ通っている人がいることを知ってほしい、と切に願います。

 私たちは、現在、おもに葛尾(かつらお)村と田村市都路地区、浪江町で給餌レスキュー活動をしています。

 個人でボランティア活動している人同志が繫がって連携して活動し、2014年末までは特に名前を付けることなくやってきましたが、2015年1月に、「かつらお動物見守り隊」と命名してブログを立ち上げました。
 そのため、このブログは2015年以降の活動記録しかありませんが、それ以前もずっと活動をしてきています。

 メンバーもいろいろですが、みんなちゃんと仕事を持ち、家庭もあり、地元でも動物保護活動をしたり、
他のボランティアをしたりと、目いっぱいのスケジュールの中で、福島の被災地のために活動をしています。
 
 8月6日(土)も、そんなメンバー4名が浪江町・田村市都路地区へ行ってきました。

 くに隊員、もりけん隊員、さときち隊員、そして、くに隊員の会社の同僚、Iさんが初参加。

 Iさんは写真展にも何度か来てくれて、私たちの活動を応援してくれていました。
 こうして、一緒に活動する仲間の輪が広がるのはうれしいことですね。

2016年8月6日 くにさんチーム 浪江町・都路5
▲左からもりけん隊員、Iさん、くに隊員。
もりけん隊員は中学のソフトテニス指導、栃木の犬シェルター、農業ボランティアなどもしています。

また、ここに映っていない(撮影者)、さときち隊員は久しぶりの給餌参加ですが、普段は、連携メンバーの
みやさん宅へ週末ごとに通い、犬猫のお世話をしてくれています。

 「みやさん」宅は埼玉県飯能市の奥にある個人宅ですが、猫60~70匹、犬2匹と、
そこいらの保護団体よりたくさんの犬猫を抱えています。
  東日本大震災後、福島へ通うようになって保護猫を自宅に引き取ったのがきっかけで、
「もっと多くの猫を救いたい」と一軒家の自宅を購入、仕事をしながら犬猫の面倒を見て福島にも通っているのです。

 忙しすぎてアピールもあまりできず、支援も限られた中での厳しい状況です。公的支援はまったくありません。
 派手にアピールして支援を集めたり、行政に取り入ってうまく立ち回っている人もいる一方で、
「みやさん」のように、地道にがんばっている人もいるのです。

 「みやさん」へのご支援もぜひ、お願いします。
 →こちらを参照ください。


 なんだか、前置きが長くなってしまいました。

 この日の活動は、浪江町給餌、浪江町のAさんシェルターにて犬の散歩お手伝い、
田村市都路地区にて「ハッピー」「アカ」の散歩と面倒を見ているI商店の方へ犬猫フードの支援など。
 浪江町ではボランティアの「にこちんくん」(千葉県)にも遭遇。

「にこちんくん」も、震災直後からほぼ毎週、個人で給餌レスキューに通っていますが、
ほとんどアピールもせず、黙々と続けています。
ちなみに、「にこちん」はタバコのことではなく、愛犬の名前のようです。

 
2016年8月6日 くにさんチーム 浪江町・都路 3
▲都路ワンコの「ハッピー」(母犬)。一時期はかなり太っていたのですが、少しはダイエットできた?

2016年8月6日 くにさんチーム 浪江町・都路 1
▲帰りはいわき市四ツ倉にある「くさの根」で食事。
ここは安くて美味しいんです。海鮮丼(並)は550円でかなりGOODです。オススメ!


 みなさん、暑い中、お疲れ様でした。
 Iさん、また参加してくださいね!

 
 【8月の活動日】
●8月2日(火) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●8月5日(金) 葛尾村 たけさん
●8月6日(土) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●8月9日(火) 葛尾村 たけさん
●8月12日(金) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●8月14日(日)~15日(月) 浪江町 みやさん
●8月17日(水) 浪江町 みやさん
●8月19日(金) 浪江町 みやさん
●8月20日(土)~21日(日) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●8月24日(水) 葛尾村・田村市都路地区 たけさん


 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)
※葛尾村の犬用に、ダイエットフードもお願いしたいです。

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)


やる気のある人が、やれるときに、できる範囲で無理なく活動するのが、私たち「かつらお動物見守り隊」のモットー。
無理をすると続きません。1人だけの活動も限界があります。

 私たちは、福島の被災地を見守りながら、細く長く、地味に続けていきます。応援、よろしくお願いします。

スポンサーサイト
2016年8月11日(木) 葛尾村・田村市都路地区 活動報告 | Home | 2016年8月2日(火) 福島県葛尾村・田村市都路地区 活動報告 【その3】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する