2016年11月30日(水) 葛尾村・田村市都路地区活動報告

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 給餌間隔開いてしまい、葛尾村への前回給餌から10日以上も経っていたので、万障繰り合わせて行ってきました。
 今回はぽこ隊員一人での活動です。

 通いなれた葛尾村なので、「ぼっち」でも大丈夫です。
 天栄村の我が家からだと2時間弱、往復200㎞弱と近いわけではないですが、
みなさんが関東から来るのに比べればぜんぜん近いですね。


▲このブログのTOPページを飾っている、家老川の「トラジ」です。
元気で留守宅を守ってます。頭に乗っているのはカエデの種。
ごろんごろんした後なので。


PB305973.jpg
▲村ではあちこちで解体や整地作業が行われています。
重機もたくさん。村中が大規模な工事現場という様相です。

PB305977.jpg
▲M木材店のマリちゃん。姿が見えないときでも、「マリちゃーん」と呼ぶとどこからかやってきます。
家族はまだ戻ってきていないようですが、M木材は不定期営業しているようです。

PB305985.jpg
▲村の風景。緑のシートで覆われているのは除染廃棄物の入ったフレコンバッグです。

PB305992.jpg
▲収穫されないままの柿の実が青い空に映えます。

PB306002.jpg
▲白猫親子のいた家は解体中で納屋もすでに壊されてしまいましたが、
優しい業者の方が猫のための段ボールハウスやフードボックスを屋根のある場所へ移動してくれていました。

「ここを壊すときは、また屋根のある別な場所へ移動させときますから」

と言ってくれました。
ここは、あとキジトラくんがいるはず。たけさんが引き続き、捕獲器を掛けてくれる予定。

PB306003.jpg
▲解体業者は一社のみ。復興で潤う人たちも多いんでしょうね。

PB306026.jpg
▲「トラジ」の相棒、「アカ」。M子さんは不在で会えませんでした。
「残す!」という貼り紙は、解体業者向けです。

PB306031.jpg
▲ここには他にも4~5匹居たのですが、今は2匹だけになってしまいました。
姿を見せない子もいるかもしれませんが。


PB306058.jpg
▲M・Sさん宅にて。M.Sさんご在宅で、家の中で何やら作業していました。
覗き込んだら、なんと、いつものキジシロくんがちゃっかり家の中に入り込んでまったりしていました。
私がお邪魔したら出て行ってしまいましたが、

「いつも、おれたちが来ると、入ってくんだあ。他の人が来ると出てっちゃう」

とのこと。
夜はトラクター小屋のほうで寝ているようだ、とのことで、そこに段ボールハウスを置いてきました。
ここには、キジシロくんの隙を縫って他の猫も来るのですが、キジシロくんを気にしてビクビクしているとか。
同じ葛尾猫なんだから、仲良くしてほしいなあ。

PB306069.jpg
▲Nさん宅のデブワンコ。コロちゃん、ハナちゃん。
おじいちゃんは出かけてましたが、おばあちゃんが在宅。
ダイエットフードを支援しました。以前に渡した分もちゃんと食べさせていると言ってますが、
効果のほどは…。

PB306074.jpg
▲うーん…、ビミョー、ですね。
ダイエットフードも量をたくさんあげたら意味ないし、他の食べ物もあげているかも。
この日はご支援品の犬用歯磨きガムをおやつにあげました。

PB306086.jpg
▲今回、こんな幟があちこちにありました。
ゆるキャラは「しみちゃん」。
村の名物、「凍み餅」をモチーフにしているそうです。

PB306089.jpg
▲村営入浴施設「せせらぎ荘」でひとっ風呂いただきました。
12月末までは無料です。夕方6時までやっています。
来年度中には宿泊もできるようになる予定です。

PB306093.jpg
▲「せせらぎ荘」前の線量計。意外に高い数値。村の他の地域は0.1~0.3くらい。

PB306095.jpg
▲田村市都路地区の「コータロー」。誰もいない食堂に残されています。
地元のボランティアMさんがずっと面倒を見ていますが、飼い主さんも車で15分くらいのところにいるのだから、
もう少し、気にしてあげてくれてもいいのに。

PB306097.jpg
▲25日に里親さんのもとへ行ったので、いないとはわかっていながら、寄ってみました。
誰もいなくなった犬舎。
菅野隊員が作ってくれた犬小屋は1年以上も壊れずに、犬たちの家になってくれました。
寒い都路の冬、何もなかったときより少しはマシな環境だったことと思います。

この後、都路中心部に住む、ワンコの家の親戚・Iさんへ猫フードのご支援。
ワンコたちの餌やり、小屋の掃除を毎日続け、近隣の猫たちへTNRをしています。
放浪ワンコへもご飯をあげてくれています。

飼い犬・猫の不妊手術をせず、子犬・子猫を川へ流す、土に埋めるのがあたりまえの地域で、
コツコツとそうした活動を自腹でやってくれる人たちもいます。
福島の田舎でも、少しずつ意識が変わっていかないと。

【11月の活動日】
●11月3日(木・祝) 浪江・田村市都路地区・葛尾村 1チーム
●11月6日(日) 浪江町 みやさん
●11月11日(金) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●11月12日(土) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●11月13日(日) 猫の里親譲渡会@東京・亀有「カメアリ座」
●11月13日(日) 浪江町 みやさん
●11月18日(金) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム
●11月19日(土) 葛尾村・田村市都路地区 たけさん
●11月23日(水) 浪江町・田村市都路地区 1チーム
●11月25日(金) 田村市都路地区のワンコたちを搬送
●11月30日(水) 葛尾村・田村市都路地区 1チーム


 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ダイエットフード、ウエット、缶詰、おやつなど
(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、月3回まで送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。

ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)




スポンサーサイト
2016.12.15 活動報告 葛尾村 (たけさん) | Home | 2016年12月10日(土) 「にゃんこまつり」@ハウスクエア横浜 盛況でした!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する