2017.1.13 葛尾村活動報告 

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

今年は雪が少ないなー、と思っていたのに、1月中旬になってから一気に雪が降りだした福島です。
1月13日、金曜日も朝はぽこ隊員が住む中通りの村でも雪がすごく降っていて、給餌を延期しようと
思ったのですが、9時くらいに止んできたので、やはり行くことにしました。

豪雪地帯の会津地方に比べれば積雪量はまだまだ少ないですが、
あぶくま高地に位置する葛尾村も一面の雪景色でした。


2017.1.13 葛尾村 ぽこ 2
▲県道50号線の途中から、風越峠を越えて村へIN。
道路は圧雪状態です。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 3
▲峠を降りると、風越のポイント。キジ白くんが居着いています。
寝床も作ってありますが、ちゃんとここで寝てくれているかな。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 4
▲風越から国道399号に出たあたりには、除染廃棄物置き場があります。
本来ならば、長閑な田園風景のはずなのに、作業車が行き交い工事現場の様相です。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 5
▲M木材店の「マリちゃん」。村の留守をずっと守っています。
「マリちゃ~ん」と叫ぶと、やってきます。ごはんはもらっているので、いつもオヤツだけあげます。
ちゃんとお座り、お手、お代わりもできます。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 7
▲除染廃棄物の入った黒いフレコンバッグ。5段積み重ねてから緑色のカバーを掛けます。
 前回、一緒に行ったKMさんに聞いた話だと、5段目と縁に置くフレコンバッグには、普通の土が入っているそうです。
 放射線を遮断するためのようです。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 9
▲S牧場の常連、サビ猫さん。震災前からの子だと思います。不妊手術済です。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 10
▲白キジ軍団も現れました。ここの給餌BOXは、前回、1月5日にたけさんが行ったときにも、おそらくイノシシに
ひっくり返されていたので、相当、お腹が減ったいたんでしょう。
S牧場で、こんなに一斉に猫が出てくるのは初めてかも。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 8
▲何やら、向かいの蔵の下のほうでも「ニャーニャー」という声が聞こえました。
またしても、白キジくん。たぶん、上の2匹と兄弟なのでしょう。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 11
▲S牧場の給餌ボックスはごらんのように、テーブルの上に針金で固定しています。
今までずっと無事だったのに、先月末あたりからイノシシに見つかってしまったようで、落とされています。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 13
▲夏湯の白猫がいたポイント。
すべて解体されてしまい、更地になってしまいました。
まだキジトラくんがいるはず。12月末に、私とKMさんが橋の下にRVボックスの給餌器を置いたのですが、
1月5日に「たけさん」がイノシシにやられないよう、自立式給餌器を設置してくれました。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 12
▲ちゃんと猫の足跡があります。雪が降ると足跡で生存を確認できます。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 14
▲家老川の旧ポイントも解体中。ここには2年前まではひとなつこい茶トラの「にゃんこ先生」ほか、
何匹かが居着いていましたが、姿を消してしまいました。現在は隣家に居る「アカ」、「トラジ」の2匹のみ。
ここのポイントのお宅は、村へはもう戻らず、茨城県に住むそうです。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 15
▲M・Kさん宅。やはり「たけさん」が自立式給餌器を設置してくれています。
ここも、給餌停止を言われていますが、残る茶白の子を保護できるまで、という条件で続けさせてもらっています。
M・Kさんは、三春町に家を建てて住んでいます。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 16
岩角交差点のモニタリングポスト。
このモニタリングポスト、環境放射線量を測るものだけど、
原発被災地に限らず、福島県内にはあちこちにあります。
この数値はやや高め。帰還困難区域に近いので。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 17
▲最近、M.Sさん宅に居着いている「かつおくん」。かわいがられています。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 18
▲N条さん宅の「もも」と「ぽち」。
茶色の「ぽち」は子犬のときに葛尾村をうろついていた子で、長毛の「もも」は南相馬で産まれた子だそう。
2匹とも、避難先の仮設住宅で飼われていて、昨年6月、N条さんが村へ戻るときに一緒にやってきました。
猫の「トラちゃん」は、調子が悪いそうです。あまり食べないというので、
ロイヤルカナンの高栄養パウダーをお渡ししましたが、どうでしょうか。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 20
▲K田さん宅。いつも甥っ子さんが大工仕事をしているのですが、冬は休業かな。
どなたもいなくて、猫たち3匹がワラワラ出てきました。
K田さんの飼い猫ではなく、近所の牧場に残された猫たちです。
優しいK田さんがごはんをあげてくれています。

P1136628.jpg
▲K田さんのところにごはんを食べに来るのは、このキジ柄っぽい子のほかは、シャムMIXが多いです。
この日も、キジ柄さんのほか、シャムMIXが2匹。

2017.1.13 葛尾村 ぽこ 1
▲K田さん宅に来る、シャムMIX。

PC146294.jpg
▲ぽこ隊員の家にも、K田さん宅に来ていた「シュガーちゃん」がいます。
上の子と比べてみると、血縁関係があると思います。母娘か兄弟かあな。

PC276432.jpg
▲シュガーちゃん、おとなしくて小型犬とも一緒にいられます。
女の子で1~2歳。エイズ・白血病陰性
人懐こくて人見知りもせず、ひざ乗りが大好き
体重も3㎏ちょっとで小柄です。

PC236395.jpg
「シュガーちゃん」は、2016年9月に、子猫と一緒に葛尾村から来ました。
子猫は里親さんが見つかり、「シュガーちゃん」のほうはK田さん宅や作業員宿舎でごはんをもらっているので
TNR予定だったのですが、ぽこ隊員宅の保護猫「ヨン様」と仲良くなってしまい、
引き離すのはかわいそう、ということでリリースは中止
一緒に里親募集しています。

詳しくはこちら

 また、葛尾村の給餌は、1月5日に、「たけさん」も行ってくれています。
 そのときの様子は、「こちら」です。

 冬の葛尾村は積雪もあるので、雪道の運転が必須です。
 なかなか行ける方がいないので、「たけさん」が行ってくれて感謝です。

【1月の活動日】
●1月1日(日) 浪江町 (連携メンバーGさん)
●1月5日(木) 葛尾村 たけさん
●1月13日(金) 葛尾村 1チーム
●1月15日(日) 里親譲渡会@南流山「しろいぬカフェ」
●1月15日(日)~16日(月) 浪江町 みやさん
●1月20日(金) 葛尾村 1チーム
●1月24日(火) 葛尾村 たけさん
●1月27日(金) 葛尾村 1チーム



 
スポンサーサイト
岸倫仔バンド「LINN-TETRA」ちょこっとチャリティーライブ | Home | 1/15里親譲渡会、ありがとうございました!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する