2017.2.5 浪江町活動報告(みやさん)

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 気が付けば、もう3月もすぐ。
 2月の活動報告をまったくしていませんでした。すみません。
 でも! 安心してください!(古いネタですみません)
 ちゃんと、定期的に給餌に通っています。

 2月5日(日)、浪江町へ連携メンバーのみやさんが行ってきました。

2017.2.5 みやさん 浪江 5
▲常磐道中郷SAで迎える朝。最近、ようやく日の出が早くなるのを実感します。
高速料金は午前4時前に乗れば30%、安くなります。
みやさんは毎回一人で行くのでガソリン代、高速料金だけでも1万円以上です。

2017.2.5 みやさん 浪江 3
▲晴れていますが、2月初旬はまだまだ寒いです。
浪江町は浜通りで雪が少ないのがありがたいですが。

2017.2.5 みやさん 浪江 1
▲みやさん、捕獲器をセット。どうしても保護したい、ヨレヨレキジ白くん(後日、赤間さんが保護してくれました)がいるのです。

 浪江町の場合、今まで多くのボランティアさんが保護をしてきたこと、浪江住民の赤間さんほかがT.N.R(不妊手術をして元の場所に戻す)もしているので、現在、残されている猫は、捕獲器に入らない子が多いです。

2017.2.5 みやさん 浪江 4
▲寒いので、捕獲器にはこうしてカバーを掛けておきます。
もし、動物が入った場合、回収するまでの時間、寒い中で過ごさせるのはかわいそうです。
屋根のある場所に置くのも基本です。

以前、浪江を含む警戒区域に行政が捕獲に入ったときがありましたが、
屋根もない場所に捕獲器が置かれてたのを発見、しかも猫が入っていたので、布を被せて隅に寄せました。

IMGP4357.jpg
浪江町権現堂で捕獲器に入った猫。ピンクのリボンは行政のものという印(2012年9月)
※この時期はまだ警戒区域で入域には許可証が必要でした。

 行政のやることだから、もしかして2,3日そのままにされるかも、と心配になって翌日(許可証は2日分あったので入れた)も確認に行きました。もし、そのままだったら、私たちが回収しようと思って。
 でも、ちゃんと回収されていてほっとしました。
 それでも、捕獲器の中で何時間も過ごす動物のことを思えば、
 捕獲器は屋根のあるところに置く、新聞や布で捕獲器をカバーするのは基本だと思うのですが…。
 お役所仕事なんでしょうね。
 莫大な寄付金と税金で運営されていた、 福島県の緊急時動物救援本部も、とっくに業務終了してしまったし。

 今でも自腹で給餌レスキューに頑張っている人もいて、民間団体の保護シェルターにはたくさんの犬猫が残されていて、
どこも運営資金に苦しんでいるのに、どうしてなんでしょうかね。
 
2017.2.5 みやさん 浪江 2
▲浪江町大堀。帰還困難区域に近い、給餌ポイント。
 何匹もの猫がここで命を繋いできました。
 昨年、亡くなった「ひゅうま」も、ここでごはんを食べていた子でした。
 ここの飼い猫をみやさんが保護していることが判明したことで、保護後も他の猫のために、と許可をもらっています。
 
 この日は、残念ながら、捕獲器には誰もかからず。
 詳細はみやさんのブログ「ふに三昧~」の記事を見てください。

【2月の活動日】
●2月4日(土) 葛尾村 (たけさん)
●2月5日(日) 浪江町 (みやさん)
●2月8日(水) 葛尾村 1チーム
●2月17日(金) 葛尾村 (たけさん)
●2月19日(日) 浪江町 1チーム
●2月22日(水) 保護猫サロン 「ohana」手伝い (ノアママさん)
●2月25日(土) 浪江町 1チーム
●2月25日(土) 葛尾村 1チーム
●2月25日(土) 保護猫サロン 「ohana」手伝い (ノアママさん)
 

 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ダイエットフード、ウエット、缶詰、おやつなど
(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、月3回まで送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。


ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)


 これからも、応援のほど、よろしくお願いします。 
スポンサーサイト
2017年2月8日 葛尾村 活動報告 【その1】 | Home | いわき市の動物保護団体「LYSTA」さんが保護猫カフェ「ohana」をオープン!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する