2017年2月8日 葛尾村 活動報告 【その1】

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

相変わらず、ブログでの活動報告が遅くなっております。
ようやく、2月8日の報告です。

この日はとっても寒い1日でした。
メンバーは、ぽこ隊員&K.Mさん(郡山市)の福島県民コンビ。
K.Mさんは三重県出身。ダンナさんの転勤先が福島で、2人とも福島には縁がなかったのに、
そのまま福島に家を買って30数年、という経歴です。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 15
▲今回のTOP画像は、キツネさん。猫パラ(ダイス)1で会いました。詳細は後述

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 1
▲今回も、県道50号線経由で風越峠からIN。圧雪状態です。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 3
▲風越の給餌ポイント。ここには鯖シロくんが居着いています。納屋の奥に寝床を作ってあります。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 2
▲納屋の入口に給餌器。前回、たけさんが1週間前に来て満杯にしてくれたようで、ほとんど減っていません。
猫だけが食べていて、野生動物にやられていない証拠です。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 4
▲ぽこ隊員の車、HONDAバモスHOBIO です。
四駆スタッドレスなので、雪道にはばっちりですが、この活動を始めてから、何度かぶつけて満身創痍です。
2005年5月に新車で購入、12年弱で19万㎞を突破しました。
目指せ20万㎞! 軽自動車で20万㎞って、あまりないのでは?

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 5
▲雪を被ったフレコンバッグ。震災から丸6年。こんな風景も見慣れてきました。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 6
S牧場。給餌停止を言われてしまいましたが、しばらく猶予をいただいています。
帰村に伴い、今まで許可してくれていたポイントを停止せざるを得なくなっています。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 7
▲村の中心部です。ここに「みんなのトイレ」があるので、トイレ休憩に必ず寄ります。
看板が新しくできたようです。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 8
▲なんか、英語、違っていますよね? 

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 9
▲夏湯のポイント。家屋がすべて解体されて更地になってしまいました。
 センサーカメラに映った2匹はたけさんが保護してくれたので、カメラを仕掛けて猫が来てないのを確認したら、撤収します。
 この日、雪の上に猫らしき足跡はなし。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 10
家老川のアカ・トラジ宅。古い家屋が解体されていました。
家主のY田M子さんは、葛尾村に戻りたいと言ってますが、現在、ご主人の勤務先が郡山なので、戻れないとのこと。
とはいえ、M子さん、ほぼ毎日避難先から村に通っています。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 11
▲トラジと、アカ(三毛猫)です。アカはもともと飼い猫ですが、トラジは震災後、どこからか来て居着いた子です。
以前は5~6匹は居着いていたのですが、行方不明になったり病気で亡くなったりで、2匹だけになりました。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 12
▲猫パラ(ダイス)1。猫ではない足跡が納屋に続いています。

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 13
▲中に入ってみると、なんと、キツネさん! 
プラスチック製のゴミ箱の底に毛布を敷いておいたのですが、そこで眠っていたようです。
普通、人間を見たら逃げるのですが、この子はすぐに逃げず、一度出て行っても、また戻ってきたり。
寄ってはこないものの、これだけ逃げないところを見ると、人間になれているようです。 

2017.2.8 葛尾村 ぽこ&まちさん 14
▲疥癬にやられているのかな。背中の毛がまばらです。これは寒そう。
 顔を見るとあどけない感じです。まだ子供なのかな。

 野生のキツネは何度か見かけていますが、こんなふうに逃げない子は初めて。
 作業員さんたちに可愛がられていたのでしょうか。
 冬は作業がないので、ここまで流れてきたのかな。
 ここに置いているフードで命を繋いでいるのならいいけれど。


 力尽きたので、続きはまた。
 すみません。

 【2月の活動日】
●2月4日(土) 葛尾村 (たけさん)
●2月5日(日) 浪江町 (みやさん)
●2月8日(水) 葛尾村 1チーム
●2月17日(金) 葛尾村 (たけさん)
●2月19日(日) 浪江町 1チーム
●2月22日(水) 保護猫サロン 「ohana」手伝い (ノアママさん)
●2月25日(土) 浪江町 1チーム
●2月25日(土) 葛尾村 1チーム
●2月25日(土) 保護猫サロン 「ohana」手伝い (ノアママさん)
 

 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ダイエットフード、ウエット、缶詰、おやつなど
(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、月3回まで送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。


ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)



スポンサーサイト
ご支援報告(2017年1~2月) ありがとうございます! | Home | 2017.2.5 浪江町活動報告(みやさん)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する