2017年3月11日、浪江町活動報告「赤間さんシェルターボランティアの巻」

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 東日本大震災から6年、3月11日に、もりけん隊員が衝動的に、浪江町の赤間さんシェルターへ
 千葉から一人での往復です。いつもは2~3人がもりけん号に同乗するのですが、
この日は1人。いつもより遠く感じたそうです。

2017.3.11 もりけん@浪江赤間さんシェルター 1 

 浪江町住民の赤間さんは、震災直後から警戒区域に残された犬猫たちをレスキューしています。
 原発関連の仕事をしていたので、警戒区域へ入る許可証もあるので、相当数の犬猫が赤間さんに助けられました。

 現在、浪江町のご自宅を猫と犬を保護する第1シェルター、ご実家を犬だけの第2シェルターとして面倒見ています。
 犬は20頭前後、猫は80匹弱います。

 赤間さんの活動の様子は、赤間さんのブログ「3.11レスキュー日記」を見てください。

 私たち「かつらお動物見守り隊」は、その名の通り、葛尾(かつらお)村と浪江町で給餌レスキュー活動をしています。
 葛尾村の名前をグループ名に付けたのは、飯舘村とまったく同様なのに、葛尾村のほうは全国的にはおろか、福島県内でも被災地としてあまり知られていないことから、なんとか認知度を高めたいという思いからでした。
 知られていないだけに、飯舘村に比べて、動物ボランティアも少ないのです。
 
 浪江町は連携メンバーの「みやさん」とともに回っていますが、一時期、「みやさん」が保護猫のパルボ騒ぎで来られなくなったことで、私たちが給餌活動を繋いできました。

 浪江はほかにも給餌に回っている人もいましたが、だんだんに数が減り、現在はもう、数えるほどです。
 
 以前に比べて放浪している猫も少なくなり、給餌ポイントも集約されてきたので、給餌そのものに時間がかからなくなったこともあり、私たちは、浪江給餌のついでに、赤間さんシェルターに寄って、犬の散歩などのボランティアをするようにしています。

 2017.3.11 もりけん@浪江赤間さんシェルター 3

2017.3.11 もりけん@浪江赤間さんシェルター 2
▲無人の街で犬の散歩をする、もりけん隊員(赤間さん撮影)

 とりとめのない内容ですが、
 浪江町住民で、犬猫レスキューに奔走する赤間さんを応援したい。

 給餌だけではなく、こうしてシェルターボランティアにも、ぜひぜひ行ってもらいたいと思い、
 ブログにUPしました。
 簡単でスミマセン。
 また、折をみながら紹介していきます。

 【3月の活動日】
●3月2日(木) 葛尾村 たけさん
●3月7日(火) 葛尾村 1チーム
●3月10日(金) 浪江町 みやさん
●3月11日(土) 葛尾村 たけさん
●3月11日(土) 浪江町 赤間さんシェルターボランティア もりけん
●3月12日(日) 里親譲渡会@南流山
●3月12日(日) 浪江町 1チーム
●3月19日(日) 葛尾村・浪江町 1チーム
●3月28日(火) 葛尾村 たけさん
●3月30日(木) 浪江町 1チーム


 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ダイエットフード、ウエット、缶詰、おやつなど
(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です

(送付先) 
※ヤマト運輸以外での配送の場合、以下のセンターで受付できません。
その場合は、どちらかの携帯電話にショートメールしていただくか、ブログに非公開でコメントください。
 ご迷惑をおかけした方、申し訳ありません。

【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
ヤマト運輸幸町センター留め
受取り人: 徳元ひろみ(090★1543★4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
受け取り人:荒木優子 090★1993★4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
100円でウエットフード1.5袋分、1000円でドライフード2.2㎏が2袋、買えます。

ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、月3回まで送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。


●ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)

 送っていただいたフードは、浪江町を給餌に回っている他のボランティアさんにも使っていただけるよう
 赤間さんのシェルターにも置かせていただいています。 


 
 
 
 
 
スポンサーサイト
2017年3月12日(日) 浪江町活動報告  | Home | 2017年3月10日(金) 浪江町活動報告 (みやさん)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する