2017年3月12日(日) 浪江町活動報告 

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 3月12日(日)、美穂隊員と友人Oさんが浪江町へ。

 美穂隊員は東京でペットシッターをしています。病気の猫を率先して預かり、看取ってくれています。

 福島の被災地で保護された「イカリ」(福島の被災地には「猪狩」という苗字が多いので、名付けたそう)、
 高円寺ニャンダラーズさんからの「ポテトン」を見送り、そして、現在は、動物病院から預かった、癌の「ハナコ」を世話しています。
 そのほか、先天的に足先のないディーくん、飼い猫のノイノイおじさん、浪江の赤間さんから引き取った「りんまる」くん(里親募集中)もいて(まだいたかな)、仕事もプライベートも、毎日犬猫三昧のようです。


2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 3
▲浪江へ給餌に行く際は、なるべく赤間さんシェルターにも寄ります。
 葛尾村のショコ、ハクもここにいます。
 放し飼いで、ときどきセルフ散歩に出かけていた2匹。
 浪江町津島で衰弱した状態で放浪していたので、ハクはボランティアさんが保護。
ショコは保健所に収容されていたのを赤間さんが救出。2匹ともに赤間さんシェルターに来たのが、
昨年の冬でした。
 
 もう1年になるのに、飼い主さんと連絡が取れないままだそうです。
一度、来るという約束をしたのに反古にされ、その後はまったくなしのつぶて。

 携帯電話は呼び出し音が鳴る間もなく、「およびいたしましたが、お出になりません」というアナウンス。
 赤間さん以外の人が掛けても同様です。 
 赤間さん、とても困っています。所有権を放棄してもらわないと、里親募集もできません。
 ハク、ショコも宙ぶらりんの状況でかわいそうです。
 TOKU隊員が、3月19日に村の自宅に事情を買いて貼り紙をしてきたものの、4月10日の現在まで連絡ないそうです。
 

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 4
▲赤間さんシェルターのワンコたち。みんな人間大好き。
この日は郡山市からのボランティアさんもいて総勢5名
常時、このくらいいるといいですが、平日は誰もいないことがほとんど。

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 5
▲里親さん、募集中ですよ。お散歩ボランティアも大募集

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 12
▲秋田犬の母・息子もいます。

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 11
早く行こうよ! ワンズはお散歩大好きです。

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 9
▲再び、ハク(左)、ショコの兄妹。ショコのほうが強くてハクはちょっと控えめ男子

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 1
▲美穂隊員、茨城の実家まで行ってお父さんの車を使います。
なので、シルバーマークが付いているオヤジ車(失礼!)です。

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 7
▲この日、美穂ちゃんが赤間さんシェルターから連れて帰った、通称「ボロキジくん」。

 連携メンバーの「みやさん」がずっと気に掛けていた猫さんです。
 私たちの給餌ポイントと、赤間さんシェルターを行き来しながら、食いつなぎ、生き抜いてきました。
 2点の距離は、2~3㎞以上はあるのですが…。猫の行動半径はせいぜい数(5~6)百mとも言われていますが、
被災地で生き抜くためには広範囲を移動しなければならないのです。
 「ボロキジくん」、8ケ月間、何度捕獲器を掛けても入らず、ようやく赤間さんが保護してくれました。

 2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 10
▲美穂隊員宅での「ボロキジくん」。「マシュー」という、新しい名前をもらいました。
「ボロキジくん」では、あまりに可哀想ですもんね。
美穂ちゃん宅で人馴れ訓練を開始。そのうち里親募集になったら、また告知しますね。

2017.3.12 美穂ちゃん小沢さん@浪江 8
▲「浪江やきそば」です。モチモチの極太麺が特徴。
浪江役場横にできた「まち・なみ・まるしぇ」の食堂で食べられます。
役場周辺が、町の復興拠点になっています。無人の浪江町の中で、唯一、町らしいところです。
街中はどんどん解体が進み、更地が増えていっています。

 美穂隊員&Oさん、お疲れさまでした!




 【3月の活動日】
●3月2日(木) 葛尾村 たけさん
●3月7日(火) 葛尾村 1チーム
●3月10日(金) 浪江町 みやさん
●3月11日(土) 葛尾村 たけさん
●3月11日(土) 浪江町 赤間さんシェルターボランティア もりけん
●3月12日(日) 里親譲渡会@南流山
●3月12日(日) 浪江町 1チーム
●3月19日(日) 葛尾村・浪江町 1チーム
●3月28日(火) 葛尾村 たけさん
●3月30日(木) 浪江町 1チーム


 【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ダイエットフード、ウエット、缶詰、おやつなど
(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です

(送付先) 
※ヤマト運輸以外での配送の場合、以下のセンターで受付できません。
その場合は、どちらかの携帯電話にショートメールしていただくか、ブログに非公開でコメントください。
 ご迷惑をおかけした方、申し訳ありません。

【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
ヤマト運輸幸町センター留め
受取り人: 徳元ひろみ(090★1543★4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
受け取り人:荒木優子 090★1993★4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
おいくらからでもありがたいです。
100円でウエットフード1.5袋分、1000円でドライフード2.2㎏が2袋、買えます。

ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、月3回まで送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。


●ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)

 送っていただいたフードは、浪江町を給餌に回っている他のボランティアさんにも使っていただけるよう
 赤間さんのシェルターにも置かせていただいています。 


 
スポンサーサイト
4/23 里親譲渡会@しろいぬカフェ開催します! | Home | 2017年3月11日、浪江町活動報告「赤間さんシェルターボランティアの巻」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する