2015年4月26日、浪江町給餌報告

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 桜が終わったばかりというのに、初夏の様相ですね。
 本日4月27日、浪江では30℃を越えたそうで、びっくりです。この間まで、冬だったのに。

 その浪江へ、昨日4月26日(日)、ぽこ隊員&もりけん隊員で千葉から給餌に行ってきました。
 初顔合わせでしたが、もりけんさんの大食漢ぶりは噂通りでした。
 今回はモーションカメラの画像確認と設置、カラス対策、給餌箱の補修など。
 フードは140㎏、使用しました。

 浪江では、現在モーションカメラを駆使して、給餌ポイントの整理をしています。

 カメラで確認して野生動物しか来てないところは給餌停止、猫が映っていたら、とりあえず給餌を継続し、保護またはTNRをする、というやり方です。
 1~2週間に1度しかできないので牛歩のごとしですが、今年に入って4ケ所、減らすことができました
 カメラに映っているのは、昼はカラス、夜はアライグマなどの野生動物が主です。
そのアライグマを捕獲して、遠くに放せば、猫が安心安全に給餌ポイントのフードを食べられるようになるということを、
今回、浪江町民で浪江の自宅をシェルターにしている、Aさんにお聞きしました。
 次回からやってみるつもりです。

 捕獲器が足りないなあ。カメラもあと1~2台あると効率的ですが、フード確保が第一優先なので、厳しいですね。
 個人での活動は大変。
 どこか、余っているところがあれば貸してもらえるとありがたいです。

無題
▲M野さん宅。先月、まさきちさんが補修してくれた給餌BOX、なんとか健在。

P4261391.jpg
▲シャガの花が咲いてました。

 詳しくは、こちらを見てください。

 次回は明日4月28日(火)、郡山のSYさんと埼玉のHさんが葛尾村へ給餌に行きます。
スポンサーサイト
給餌用猫ドライフード、大募集! | Home | ボランティア保険、入ってますか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する