浪江町・帰還困難区域を横断する国道114号が通行可能に!

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 昨日の地元新聞のニュースです。
 浪江町の国道114号が通れるようになるそうです。

 福島ではTVでも放映されていましたが、全国的にはどうだったんでしょうか?

 先日も、東京電力ホールディングスの社長が、
 双葉町に避難解除区域がある、と驚きの発言していましたが、
 あまりの無知ぶりに飽きれてしまいました。

 一般人ではあるまいし、仮にも東電関連会社の社長で、福島の被災地に来ての会談でそんなことを言うとは。
 「ごちゃごちゃになってしまった」
 と弁明していたけれど、付け焼刃の知識しかなかったに違いありません。
 加害者側がこんな程度の意識なので、どうしようもないです。

 双葉町は解除なんてされていません。
 町の96%が帰還困難区域で残りの4%が避難指示解除準備区域で、
浪江町境の海沿いです。
 

▲びっくりです。浪江町の帰還困難区域を横断する国道114号が誰でも通れるようになるなんて。
 ここは、浪江町の山間部で、放射能汚染が深刻なエリアです。
 ぽこ隊員が2011年~2012年にかけて定期的に行ってましたが、空間線量でも30μシーベルト/時、
雨樋の下の最高値が1000μシーベルト/時 もありました。
 
 
 国道114号に繫がる国道、県道も順次、通れるようにするそうで、葛尾村、浪江町の間も、
以前のように国道399号経由で行けるようになれば、どちらにも通っている、私たちにも便利になります。



 
スポンサーサイト
ちょっと久しぶり7/9里親譲渡会かいさいします! | Home | 石井食堂が、今夏、葛尾村で営業再開!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する