給餌用猫ドライフード、大募集!

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です

 私たちは葛尾村(毎週または隔週)のほか、帰還困難区域を含む浪江町・双葉町(月3回程度。不定期)などへも給餌に行っています。 
 葛尾村では1回の給餌で2.5㎏のフードを30袋+ウエットフード、浪江町・双葉町では60袋ていど使用します。

 葛尾村だけなら、自分たちでなんとかまかなえますが、浪江・双葉の分が大きな負担になっています。

 直接の知人友人らの支援だけでは間に合わずに買い足していますが、完全な個人ボランティアのため公的支援はなく、支援金などもいただいてないため、活動5年目、かなり苦しい状況です。

 震災から4年、福島の被災地に通い続ける動物ボランティアも数えるほどになり、受け継いだ給餌ポイントを守るためにも、ぜひご支援をいただければ助かります。交通費、医療費などはなんとか自分たちで賄いますので、フード支援で応援いただけるとうれしいです。

 いただいたフードは、私たち以外にも団体の支援が行き届かない、個人ボランティアの方々と分け合って使います。

無題 2
▲出動前、フードの仕分け中


必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン
 コメリ
 カインズホーム
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)


(送付先)
【1】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057

【2】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)
スポンサーサイト
寅吉くんのその後 | Home | 2015年4月26日、浪江町給餌報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する