2017 2017年7月21日(金) 葛尾村活動報告 【その2】

 こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 7月21日(金)の活動報告、【その2】です。
 【その1】はこちら。


 京おんな、ハニーさんとの葛尾村での活動です。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 20
▲避難指示解除直後に村へ戻った、N條さんを訪ねます。
 6月に、猫のトラちゃんを亡くしてしまったN條さんですが、2匹のワンコもいます。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 26
▲お父さんに手伝ってもらいながら、フロントラインを付けました。
 これで、8月いっぱいくらいまで効きます。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 27
▲今回使ったフロントラインは、エレキバイオリニスト・岸倫仔さんがコンサートの収益金で寄付してくださったものです。
 もう震災から6年以上経ったのに、震災直後から、定期的にチャリティコンサートを開催し、
 私たちをはじめ、被災地での動物保護活動をまじめに継続している団体、個人をサポートしてくれています。
 本当に、感謝です。

 P7213519_20170730115904863.jpg
P7213516_20170730115902c10.jpg
▲N條さん宅の、ワンコ2匹。上はモモ(雌、6歳)、下がポチ(雄、6歳)。
どちらも避難先の仮設住宅で飼われていました。
ダイエット中です。

P7213522_20170730115905a44.jpg
▲2015年10月にTNRをしたミミちゃんです。
K田さん宅ほか、S下さん宅でもご飯をもらっていて、最近はS下さん宅でまったり過ごしています。

P7213525_20170730115906928.jpg
▲ミミちゃんにもフロントラインを付けました。

 葛尾村へ給餌に入るボランティアさんに申し送りです。
 この日、フロントラインを付けたのは、犬猫合わせて以下の4匹です。
 8月いっぱいくらいまでは再度、使わないでください。

 (1)猫・かつおくん@M本Sさん宅
 (2)犬・モモ@N條さん宅
 (3)犬・ポチ@N條さん宅
 (4)猫・ミミちゃん@S下さん宅付近


P7213532_20170730115907581.jpg
▲働く、ハニーさん。助かります。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 22
▲K田さん宅の給餌BOX。たけさんがカラスよけの網を付けてくれていました。



P7213537_20170730115910f5a.jpg

P7213536_20170730115909885.jpg
▲お久しぶりの、ロッキー(上)&サリー(下)のところへ。相変わらず元気にしています。
帰村されているので、あまり寄らなくなりましたが、たまに様子をうかがいに。
ワンコ用のオヤツをお土産に持っていきます。

P7213541_20170730115912ba6.jpg
▲ここのお宅は、今年3月、酪農を再開しました。
牛舎を見せていただくと、新しく子牛が生まれていて、全部で10頭いました。

RIMG3571_20170730115915627.jpg
▲村の中心部へ戻ると、ヤマザキショップが再オープンしていました!

 2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 19
▲花輪の中には、招き猫! 福島ではこれがスタンダード?

RIMG3577_20170730115916bfa.jpg
▲コンビニ並みの品揃え+農業用品などもあり、かなり便利です。
店内には広いイートインコーナーもあって休憩に利用できます。

 オープン日だということで、ヤマザキパンのお皿をいただきました!

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 21
▲ヤマザキショップのお隣は、石井食堂
 この1週間後がオープンということで、石井さんご家族が準備に来ていたのでお話を聞きました。
 三春の仮設住宅のお店は、もう閉めてしまい、葛尾村の店だけで頑張るそうです。


 さて、この日のランチはカフェ「嵐が丘」へ。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 13
▲相変わらずの、オリジナル創作料理です。この日のメインはそば寿司。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 14
▲梅を炊き込んだ、夏らしいご飯も。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 15
ランチはコーヒー付きで1200円。カップは店内に展示してあるたくさんのカップの中から、好きなものをチョイス。
カップは一部、定価の3分の1くらいの値段で販売しています。気に入ったものがあったら、かなりお買い得です。
 スイーツは、ランチ時にオーダーすると250円。単品だと350円です。

2017.7.21 葛尾村 ぽこ&ハニーさん 16
カフェ「嵐が丘」で、9月2日(土)にコンサートがあります。
 北川玉奴さん。
 ネットで調べてみたら、なかなかおもしろそうな方です。

 昭和歌謡のレパートリー800曲というシンガーなのですが、
 福島の国道6号線をテーマにした「ルート6」
と、
 震災の瓦礫を人のココロ模様に投影した、「がれきのうた」
 という、オリジナル曲もあるようです。


 以上、7月21日(金)は、いろいろな人とたくさんお話ができて、復興に向かう村の様子も実感できました。

 今後も、また給餌活動を通して、村の様子もお伝えします。

 
 【7月の活動日】
●7月2日(日) 浪江町 1チーム
●7月5日(水) 葛尾村 1チーム
●7月9日(日) 里親譲渡会@南流山「しろいぬカフェ」
●7月15(土)、16日(日) 浪江町・葛尾村 たけさん
●7月21日(金) 葛尾村 1チーム
●7月29日(土) 浪江町 1チーム
●7月30日(日) 葛尾村 たけさん

  【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ダイエットフード、ウエット、缶詰、おやつなど
(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です

(送付先) 
※ヤマト運輸以外での配送の場合、以下のセンターでは受付できません。
その場合は、どちらかの携帯電話にショートメールしていただくか、ブログに非公開でコメントください。
 ご迷惑をおかけした方、申し訳ありません。

【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
ヤマト運輸幸町センター留め
受取り人: 徳元ひろみ(090★1543★4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
受け取り人:荒木優子 090★1993★4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
地味な活動でシェルターもなく、大金は必要ではありません。
(活動費は隊員の個人負担なので経費が少なく済みます)
主に、保護猫の医療費、支援・給餌フード、センサーカメラなどを購入するのに使います。
おいくらからでもありがたいです。
100円でウエットフード1.5袋分、1000円でドライフード2.2㎏が2袋、買えます。

ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、月3回まで送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。


●ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)

 送っていただいたフードは、震災以前から都路地区で頑張っているMさん、また浪江町を給餌に回っている他のボランティアさんにも使っていただけるよう、赤間さんのシェルターにも置かせていただいています。

 

スポンサーサイト
2017年7月29日(土) 浪江町活動報告 | Home | 爆盛りで有名な葛尾村の石井食堂が再オープン!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する