「瀕死の子猫を保護!」 2017年8月11日(祝)  浪江町・葛尾村 活動報告 【その1】

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 東日本は、8月に入ってから毎日雨。
 梅雨のような日々です。

 そんな天候不順な中で始まった、お盆休みの初日。
 もりけん隊員、TOKU隊員、市川隊員が浪江町と葛尾村へダブルで行ってくれました。

 さすがにお盆休みの初日だけに、常磐道はそれなりに渋滞していたそうですが、
 どうにか任務をこなして日帰りできたようです。

 とりあえず、この日のできごと。
 葛尾村のNさん宅で瀕死の子猫を保護しました。

 Nさん宅に、南相馬の息子さんから来たという、母猫と2匹の子猫がいました。
 7月22日にぽこ隊員とハニーさんが行ったとき、
「今度、子猫が来るんだー」
 と言ってたのですが…。

 子猫のうち、1匹がかなり衰弱していて、すぐに何とかしなければ危ない状態だったそうです。
 Nさんは、前日まで問題なかったと言うのですが、とても思えないほどの衰弱ぶり。

 痩せて骨と皮だけ、眼も塞がり、栄養失調で低血糖になっていると判断、
 病院へ連れて行くことになりました。
  Nさんは、「もう死ぬから」と、私達の迷惑になると思ってそういったそうですが…。

 が、お盆でほとんどの動物病院は休み。
 なんとか、茨城県高萩市のアイ動物病院がやっていたので、そこへ搬送、緊急入院させました。

2017.8.11  TOKUさんもりけん市川さん 浪江・葛尾 5
▲たったの500gしかありません。

2017.8.11 TOKUさんもりけん市川さん 浪江・葛尾 3
▲病院まで生きていられるかわからないほどの衰弱ぶりだったようです。
 このとき、奇跡を信じて、「ミラクル」と命名。

2017.8.11 TOKUさんもりけん市川さん 浪江・葛尾 1
▲茨城県市川隊員が病院までの間、ずっと膝に乗せてくれました。

2017.8.11 TOKUさんもりけん市川さん 浪江・葛尾 2
▲病院の先生も、「こんなに痩せた子猫は見たことがない」というほどでした。

2017.8.11 TOKUさんもりけん市川さん 浪江・葛尾 4
▲病院ではなんとか生かそう、といろいろと手を尽くして治療してくれましたが…。

2017.8.11 TOKUさんもりけん市川さん 浪江・葛尾 6
▲ダメでした。栄養失調の期間が長すぎて、もう体力がありませんでした。
 もう少し、早かったら助かったのに…。
 
 ミラクル、病院葬にしていただきました。
 奮闘してくれたTOKU隊員、市川隊員、もりけん隊員、ありがとうございました。

 

  【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町ほかで必要です)、
 コーナン、コメリ、カインズホームなど、ホームセンターの安い総合栄養食でかまいません。
●犬用ドライ、ダイエットフード、ウエット、缶詰、おやつなど
(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です

(送付先) 
※ヤマト運輸以外での配送の場合、以下のセンターでは受付できません。
その場合は、どちらかの携帯電話にショートメールしていただくか、ブログに非公開でコメントください。
 ご迷惑をおかけした方、申し訳ありません。

【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
ヤマト運輸幸町センター留め
受取り人: 徳元ひろみ(090★1543★4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
受け取り人:荒木優子 090★1993★4057 
  
 【支援金もジミ~にお願いしています】 
地味な活動でシェルターもなく、大金は必要ではありません。
(活動費は隊員の個人負担なので経費が少なく済みます)
主に、保護猫の医療費、支援・給餌フード、センサーカメラなどを購入するのに使います。
おいくらからでもありがたいです。
100円でウエットフード1.5袋分、1000円でドライフード2.2㎏が2袋、買えます。

ゆうちょ銀行に口座を持っていれば、月3回まで送金無料です
※支援金やイベントでの収益金はすべてフード代、医療費などに充てられます。
交通費はメンバーの自己負担で支援金からはいただいていません。
車の経費も車の持ち主の負担です。
(交通費負担軽減のためと安全のために活動はなるべく複数名で行っています)。


●ゆうちょ銀行 
10590 
72281941
かつらお動物見守り隊

※ご支援いただいた分は、私達のほかにも、連携メンバーや
支援の行き届かない&支援募集していない個人ボランティアの方々と分け合って使います。
(ブログやSNSなどでアピールせずに、黙々と保護活動を続けている方もいるんです)

 送っていただいたフードは、震災以前から都路地区で頑張っているMさん、また浪江町を給餌に回っている他のボランティアさんにも使っていただけるよう、赤間さんのシェルターにも置かせていただいています。

 
スポンサーサイト
2017年8月11日(祝)  浪江町・葛尾村 活動報告 【その2】 | Home | 2017年7月29日(土) 浪江町活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する