TOKUTOKU猫シェルター@千葉 

  こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

  今回は、TOKU隊員のプチシェルターの様子を紹介します。
  TOKU隊員は、東日本大震災以前から、地元の千葉で犬猫の保護活動をしています。
  自宅には3匹(先月、1匹が亡くなってしまったので)のレギュラーメンバーのほか、
 常時数匹以上の保護猫がいて、
 多いときには10数匹にもなります

  でも、かなりの高確率でとてもいい里親さんが見つかり、幸せになっていきます。


いわきのコンビニの前に捨てられていた、花ちゃん親子
 8月末、いわきにある動物保護団体・LYSTAさんが保護し、TOKU隊員が受け入れて千葉まで連れ帰りました。


20150927130937ea7.jpg
諭吉くん。兄弟の「漱石」、「一葉」が卒業し、一匹だけ残ってましたが、無事に里親さんが見つかりました。

20150927184657f20.jpg
▲6月に宇都宮保健所から救い出した3兄弟のうち、最後の一匹の「たまご」も無事に卒業。
TOKUさんのブログ記事

201509271309347e3.jpg
▲ツンデレ女子「マリン」も卒業

20150927184655251.jpg
▲2015年4月、浪江町でみや隊員が保護し、TOKU隊員のもとにきた「こまき」。
避妊手術済だったので、飼い猫だったはずですが、飼い主が現れないままで里親さんのもとへ行くことが決まりました。
P5310639.jpg
▲こんなふうに保護した場所近辺にポスターも何枚か貼るなど、飼い主さがしもしたのですが…。

 他にも、たくさんの子たちがTOKUさんシェルターから卒業しています。
 ありがたい限りです。


PA041382.jpg
▲TOKU隊員の家には、福島以外からの子もいます。
この子は「ルー」(オス)。純粋なロシアンと思われますが、なぜか捨てられていて、
行きつけの動物病院から預かったそうです。
鼻炎なのか鼻たれ小僧なのが玉にキズ。ときどき鼻ちょうちんを作るのが笑えます。のんびりおとりし、憎めない性格で、猫にも人間にも慣れています。
優しく鼻水を拭いてくれる里親さん、募集中。猫エイズ、白血病ともに陰性。

  詳しくはTOKU隊員のブログを見てくださいね!→ 「にゃんにゃん猫にゃん」


 【10月の活動予定】
 ●10月12日(月) 浪江町(一部)&葛尾村&田村市都路地区  1チーム ※活動済。報告はしばらくお待ちください。
 ●10月17日(土) 浪江町&田村市都路地区 1チーム
 ●10月20日(火) 葛尾村(リリース)&田村市都路地区 1チーム
 ●10月25日(日) 浪江町&田村市都路地区 1チーム、葛尾村 1チーム

【フードはいつでも募集中♪】
必要なフード
●猫用ドライフード・ウエットフード<パウチ、缶詰>など(葛尾村、浪江町、双葉町ほかで必要です)、
 コーナン
 コメリ
 カインズホーム
●犬用ドライ、ウエット、缶詰、おやつなど(大量にはいりません。葛尾村、田村市都路地区の犬のために必要です)

(送付先)
【1】ヤマト運輸幸町センター留め
〒261-0002 千葉県千葉市美浜区新港87-1
受取り人: 徳元ひろみ(090-1543-4062)

【2】ヤマト運輸 須賀川横山センター留め
〒962-0041福島県須賀川市横山町41-1番地
受け取り人:荒木優子 090-1993-4057
スポンサーサイト
葛尾村の白茶ママ | Home | ご支援のお礼(8月、9月受け取り分) ※10月11日追記あり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する