11月20日、21日、東京都多摩市で写真展開催! 「LYSTA」代表の話も聞けます!

こんにちわ! 「かつらお動物見守り隊」です。

 明日、11月20日(金)、21日(土)は東京都多摩市にて写真展を開催します。 前回の世田谷会場に来られなかった方、ぜひ。
 世田谷写真展では展示できなかった、「あめくん」コーナーもあります。

 そして、なんといわき市にある動物シェルター「LYSTA」の代表、
鈴木理絵さんが21日にお話をしてくれることになりました
!!
 21日のギャラリートーク、13時からですが、理絵さんは14時くらいからです。ぜひ!!

11992314_901117839980467_558265804_n_20150925154011a9a.jpg


11998618_901306116628306_1038930259_n_20150925154247181.jpg

 「あめくん」は、双葉町から避難してきた人が葛尾村のMさんに託した、セッターの「チャッピー」が
預かり先の「ロッキー」と間に産んだ、6匹の子犬のうちの1匹。
 先天的に肝臓と腎臓に疾患があり、「1年は生きられないだろう」と言われていました。


▲「あめくん」

●PB123510 チャッピー@天栄村
▲あめくんのお母さん、「チャッピー」。2013年11月、あめくんの心臓手術が成功したすぐあと、
まるで息子に命を託したかのように、癌のため逝ってしまいました。

 そんな「あめくん」を助けようと動いた人たちがいました。
 我が「かつらお動物見守り隊」の精鋭、TOKU隊員をリーダーとするグループです。
 多くの人の協力を得て、手術が成功、元気になった「あめくん」は、預かりさんのもとで1年ほど暮らした後、
 2014年11月に石川県の里親さんのもとへ行き、先住犬とも仲良く暮らしています。
 
 詳しいことは、改めて記事にして書きたいと思います。

 とりあえずは、TOKUさんのブログにゃんにゃん猫にゃんを読んでください。
 また、「あめくん基金集め隊」でも活動の様子がわかります。

 たま写真展では、あめくんのことを紹介するコーナーを造ります。
 TOKU隊員の話も聞けますよ。



スポンサーサイト
福島被災動物写真展@「たま・まち交流館」、終了! | Home | 2015年11月15日(日)、葛尾村・田村市都路地区 活動報告

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する